teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(2)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


出稼ぎ

 投稿者:去年のトマト  投稿日:2018年 6月16日(土)21時12分7秒
編集済
  バブルの頃に数年、建設現場で出稼ぎをしていた。
寮に住む同僚同士、全員恰幅が良く重量級で色黒。
同室の仲間6人共に全国津々浦々の地方出身者で、自分と歳は離れているが仲良しで四六時中一緒だった。

また漏らしてしまったと、一番年下の若者がいつも寝起きに夢精しており、パンツは毎日精液まみれで洗濯が間に合わず、自分が足りなくなった下着を貸していた。
他の男達も、性欲を発散したくてウズウズしていた。
風俗へ行くにも遠いし高く、話し合いをして仲間同士で解決する事となり、近くの銭湯で体や肛門を洗い汗を流した後、寮へ戻ると6人で愛し合うのが御約束だった。
自分には妻と娘が居ても息子は居ないので、父ちゃん父ちゃんと頼って来る若者達が、本当の息子のようでとても可愛くて、いつも相手をしており相当溺愛していた。
当時中年親父の自分は、何故か分からないがモテた。
若い男達の存在が、ホモに目覚めるきっかけを作った。

男同士の初夜は同僚達が見守る中、年長者の自分が手本を見せる事になった。ランニングシャツ一丁の陰部を丸出しな格好で、若者と男同士最初の口づけを交わして濃密に愛撫をした後、極太ぺニスを一心不乱に尺八した。
初めて咥える元気にそそり勃つ若者の男根と、自分の性交を興味津々に見つめる仲間達に大興奮して、ぺニスはギンギンに勃起しており我慢汁をダラダラと垂らした。
同僚達に、父ちゃんいいぞ~もっとやれ~裸の大将~!!と煽られ、若者が口腔内に出した精液を飲み込む間も無く、相当溜まっていてもうムラムラが治まらなくなり皆の目の前で自慰。勃起した竿からは勢い良く数回射精して、床は白濁した精液だらけになってしまった。
同僚達は、激しい息遣いと飛び散った多量の精液を見て、父ちゃんは相当スケベだったんだと驚いていた。
尺八された、大人しい一番年下の若者は気持ち良かったのか、満足した様子でその日から夢精が治まった。
寂しい時には父ちゃん抱っこしてと訴え、ぺニスを咥えてしゃぶりながら自分の側に寄り添う甘えん坊で、童貞を卒業したのは、中年太りな親父のケツマンだった。

それからは同僚達の恋愛対象になり、父ちゃんにフェラされたいと同僚達にせがまれた。5人の男根を次々咥える営みが始まり、皆が代わる代わる自分を愛してくれた。
仕事の後に寮へ戻ると、ランニングシャツ一丁のフリチン姿で、毎日休まずに仲間達のぺニスを尺八していた。
当時、寮で寝る時はぺニスを露出している状態で、いつも皆が交代で自分を求めて抱いてくれていたから、夜間にパンツを穿く事も自慰行為をする事も一切無かった。
数年間、若者達の肉棒を咥える生活が続いたが、代わりに皆のケツマンは自分に使って欲しいと言ってくれた。
淫らに興奮した喘ぎ声を聞きたい同僚達は、自分が熟睡した時に金玉や乳を揉んで手淫と尺八をした。最初は驚いたが直に慣れて、幸せなセックスの時間を過ごせた。

今も、チンポコ舐め太郎や金玉狸という卑猥な渾名を自分に付けた、元同僚達と年に数回泊まり掛けで会っており、全員既婚者だが昔に戻り男同士愛情を深めている。
父ちゃんは、72歳の爺ちゃんになったがまだまだ元気。167センチの86キロで、格好も以前と全く変わらない。
皆の前で竿を咥え、勃起させて精液を飛ばしている。
同郷の甘えん坊な若者と、田舎へ戻ってからも逢い引きをする生活が長い間続き、もうお互いに離れられない。
 
 

和倉温泉で

 投稿者:マサオ  投稿日:2018年 6月10日(日)13時02分52秒
  妻と、和倉温泉に行った時の体験談です。食事を終え、私はもう一度風呂に行きました。時間は夜の10時過ぎですので、風呂は誰もいません。一人で湯槽に浸かっていると、腹の出た50代のオッサンが入って来ました。私を見ると、何と、横に浸かってきて、自分のチンポしごいてます。見ると、勃起してデカマラです。見てると、その人の手が私の太股にのせられ、抵抗しないと、大胆になり、私のチンポしごいてきました。やがて、私の前に立つと、勃起したチンポを私の口に突っ込んできました。私はその人のケツをつかんで夢中でしゃぶり、お尻に入れてと言いました。すると、露天に連れていかれ、四つん這いにさせられ、ローションがないので、備え付けのボディーソープをケツ穴に塗られ、まずゆびが挿入されました。3本くらい突っ込まれ、激しく出し入れされました。喘いでいると、勃起したチンポを突っ込んできました。激しく出し入れされました。やがて、中に出すよと言うと、ウッと言って、中だしされました。そのあと、精液とソープまみれのチンポを口に突っ込まれ、舐めました。洗浄してなかったので、自分のウンチも付いてたけど気にせず、きれいに舐めました。何故、私が、その気があるのがわかったか聞くと、私の下半身は太股とケツ穴とキンタマとVゾーンの毛剃ってたので、
すぐわかったらしいです。そのあと、その人の部屋でも掘られまくられ、3回は種付けされました。部屋に帰る時、アドレスを教えてしまいました。家に帰ってからも、メールが来ると、会って掘られまくられてます。
 

雄の匂い!

 投稿者:匂いフェチ  投稿日:2018年 5月 4日(金)14時00分16秒
  ある親父さんと出会ってから匂いフェチになりました。
大型トラックのドライバーで、若い頃に柔道をしていた身体は胸板も厚く 腕も太くて 更に無精に生やした髭面は見るからに男臭くて、胸がキュンと成ります。
初めて親父さんと待ち合わせして、トラックに乗り込んだ時に嗅いだ汗のツンっとした匂いが堪らなくて、今でも石鹸の匂いでは無くて、汗臭い男にガッツリ抱かれて汗の匂いを吸い込みながら  ガンガン!ガンガン!と容赦無く突き捲くられると気がいってしまいます。

発展公園などで出会った方にも甘える様に抱きついて脇の匂いを嗅いで、あっ!っと思った時は躊躇なく汗の匂いが好きだから吸わせて欲しいと伝えて、万歳をして貰った脇に顔を埋めて吸い込み、シャツをたくし上げて脇毛の中に鼻を擦り付けて匂いを吸い込んでから、舌を這わせて両脇がベトベトに濡れるまで舐め捲くると、初めは性癖に驚く方もいますが、狂った様に匂いを嗅いだり舐め廻したりする姿を見て興奮するのか大抵の方は此処も好きか?此処の匂いも嗅げ!と股間を顔に押し付けて楽しんで下さいます。
勿論!ペニスの匂いも好きですが、陰毛の匂いも千差万別で雄臭い方に出会うと脇毛同様に唾液でベトベトに濡れるまで舐め廻して陰毛をチューチュー吸ってあげると邪魔に成る位にペニスはギンギンに勃起して、先っぽから甘~い香りの汁が滴り落ちて、早く舐め廻してくれ!チンポも吸ってくれ!と言わんばかりにビクンっ!ビクンっ!っと反応して誘惑されて興奮します。
ペニスは更に丁寧に隅々まで、表も裏も、頭も根元も、玉も蟻の戸渡りも舐め廻してから、逝きたい!出したい!って男が腰を突き上げだすまで焦らしてから一気に喉奥深くまで咥えこんでジュルジュル!ジュルジュル!と卑猥な音を響かせて吸い込み、もうヤバイかな?もう漏らしちゃうかな?って頃合を見極めて、誘導して座らせた男に対面座位の格好で跨って、中に出して!濃いミルク中にぶちまけて熱くして!って。
有無を言わさず一気に根元まで呑み込んで男の熱いミルクを体内に注ぎ込まれる瞬間も雄の匂いを吸い込んで狂ってしまいます。

 

深夜街道露出センズリ

 投稿者:センズリ親父  投稿日:2018年 4月26日(木)09時56分40秒
  もう20年程前の話ですが、当時西武線のとある駅近辺に住んでいました。
それ程広くない街道がそばに通っており、当時淫乱体質真っ盛りの40代の私は夜な夜なブリーフ1枚の裸で道路脇でローションセンズリをしていました。
当時流行っていた茶色い小瓶の臭いを何度も嗅ぎ、その内素っ裸になり、余分な皮を片手で剥き下ろしたヌルンヌルンのチンポを、グチョグチョと派手な音たてながら扱き上げていました。
夜中ですから時折通るのはタクシーくらいです。近寄って来るライトにチンポ突き上げこれ見よがしにズリ上げで見せ付けます。
何回となく見せ付けていてたった一度だけで、個人タクシーの親父さんが停車してくれました。
「気持ちいいのか?」
白髪の親父さんの声は上擦っていたような気がします。
「うん、チンポがスゲー気持ちいい」
私は親父さんの目の前にヌルンヌルンチンポ突き出し、何度も小瓶の臭いを嗅ぎ腰を振ります。
「あぁあ、、助平な兄ちゃんだな」
親父さんも自分のチンポをズボンの上から揉んでおり、私にその形が判るように見せてくれました。
「遠慮なくぶっ放しなよ」
私は言われるまま思いっ切り扱き立て、卑猥な単語を並べ立て最高の気分で精液を吹き上げました。
「良かったよ。オマワリに気をつけな」
走り出した個人タクシー、あの親父さんきっと何処かに停めてセンズリ掻いたに違いないと思います。
 

上野特選

 投稿者:蜜男  投稿日:2018年 4月12日(木)16時14分51秒
  上野には数回行きました。でも、いままでは館内で行われている行為をただ見に行く程度でした。しかし今回は意を決して後列二列目に座りました。10時30分、開演時間には座りきれないほどの殿方。しかも、平日に関わらずこんなにもたくさんの殿方が営みを求め集まっていることに武者震いを覚えました。館内が暗くなると両方の席からお誘いがありました。合意を求める合図は膝なのでしょうか?私の膝に膝をあてがってきます。私がその膝を押し返すように膝に力を入れるとみなさん優しいタッチで太ももを触ります。次に、太ももから股の方に手が伸びてきます。ある一人の殿方は私の耳元で まるで女性を口説くようにタイプだよ、魅力的な身体してるねと囁きます。しかし、不思議と嫌な気分ではありません。ズボンの上からですが太ももから股、また洋服の上から乳首やお腹周りを撫でられました。そして、キスを責められました。しかし、まだキスには抵抗がありましたのでお相手の方のマスク越しに唇を重ね合わしました。さらにジッパーを下ろそうとしたので大勢の前では嫌と伝えると、何処がいいの?と聞くのでホテルなら良いです・・と応えました。お金が無いんだよと言われたので私も諦め席を立ちました。映画館から出て上野駅のトイレで確認すると・・濡れていました。私は、男性との行為はここ止まりです。でも、その先にも足を踏み入れてみたい気持ちがいっぱいです。  

前立腺

 投稿者:浣腸好き変態  投稿日:2018年 4月 9日(月)11時22分53秒
  某掲示板にアナルいじり好きな熟年の方の投稿があり募集内容を見たらカンチョウ!
同じ県でもあったので早々にお会いしたいとメールをして会うことが出来ました。
お互いに初めて会うので、失礼になるといけないのでアナル周辺の陰毛をきれいに剃って会いに出かけました。待ち合わせ場所の近くのラブホに入り寒い時期だったので二人でお風呂で暖まり
湯船の中でしゃぶられ、アナルをなめられ。
四つん這いになり持参した200ccの浣腸機できれいになるまで数回浣腸をしてもらい、ベッドに移動して、大股開きになる器具を装着され腰の下に枕を入れられて腰高の状態になって相手の方の目も前にアナルとチンボををさらけ出す格好ですでにチンボは勃起。ローションを大量にたらされ亀頭攻めと同時のアナル攻め何回か逝きそうになるのを我慢。。。
アナルに差し込まれた指が前立腺に、前立腺を責められた事がなく、初めての感覚でチンボの先に電流が走ったような感じになりアッという間に射精してしまいました。
今まで経験したことがない強烈な快感に病みつきになりそうです。
176-74-60
 

上野特選

 投稿者:のぼる  投稿日:2018年 4月 2日(月)00時42分55秒
  上野特選には過去何回か行きました。  

大阪の大〇区の銭湯で

 投稿者:50男  投稿日:2018年 3月29日(木)12時40分37秒
編集済
  建物外観も中もまた料金も普通の銭湯なんだが利用している客の全てと言っていいほどが男目的で性処理ができることで評判な銭湯である。
偶然、ネットで知り、興味本位で平日に行ってみた。
俺の目的も当然、男と出会うことなんで当日はお尻に紐が食い込むエロ下着、少し伸びた下の毛もきれいに剃って、チンポにリングをはめて
ルンルンとドキドキ気分。
浴場に入り、2階のサウナに行くが時間が早いのか、それともたまたまなのか判らないが誰もおらず、なぁんか気抜け。
暫く、誰もいないサウナに一人でいるとガチャと扉が開いて、がっしりとした浅黒い体格の男が俺の横にドカッと座った。
男は下半身を覆っていたタオルを取り、そのタオルで顔や身体をぬぐう。
俺はちらっと男の股間を見た。「でかっ」、久々に見る大きさで色もドス黒く、その雁の大きさにびっくりした。
一目でこのでかいチンポが欲しくなって、俺は男にモーションを掛ける。
俺もさりげなく下半身のタオルを取って、パイパンでコックリングをしたチンポを晒しながらそれとなく汗を拭くと男の視線が俺の勃起したチンポに
気づいたのをそれとなく感じた。
俺はサウナにのぼせたふりをしながら太股を少し拡げ、男の身体に触れたが何もないふりをしながらそのままにいると男が手を俺の太股においた。
俺は当然、これを待っていたから俺は男の股間の物を軽く握った。「やっぱりでか」、手の中で男のちんぽの重量感を感じながら俺は
男に身体を密着させ、「すごい、でかいですね」と男に言い、チンポ全体の感触を確かめ、何も言わずに男の股の間に膝をついて男のでかいチンポを即フェラした。
ジュブジュブジュブ、ズズズズと音をたてながら俺は男のチンポをむさぼった。口の中で男のチンポがドンドン大きくなり、俺はいったん、口から抜いて
チンポを見た。俺の唾液で濡れたチンポは胴部分に太い血管が浮かび、手にあまる太さになって、雁首が上にそっている。
男は俺を引き寄せ、俺を後ろ向きにして自分のいきり立った股間の物を俺のお尻にあて、俺のアナルに入れようとした。
いきなりで驚いたが俺は決心して男のを受け入れ、20センチ近くもある、太いソーセージの大きさのチンポをアナルに根元まで入れられた。
誰か来ないかと気を使いながら俺はでかいチンポで突かれるたびにヒーヒーとよがり、男の動きに合わせて俺もお尻を振っていた。
男のピストンが速くなって男がウッと呻いて動きを止めた。腸の中に精液をぶち放ってしばらくそのままで繋がっていたが男がアナルから
チンポを引き抜くと俺は精液で濡れたチンポを咥え、チンポに付いた精液を舐め、きれいに掃除した。
男は俺の肩を軽く叩いてサウナを出てた。俺が太いチンポをで犯されたアナルに手をやるとチンポを抜いたときにもれた精液が肛門を
濡らしてした。俺は腹から男の精液を出さずにそのまま湯船につかり、男の余韻を感じていた。
その日は複数の他の親父と2階の休憩室でも楽しんだが、運悪く男と抱き合っているところを銭湯の女主人に見つかり、
「あんたら、何してんの」と怒鳴られたが女主人はそのまま下に下りて行き、その後、別に何事もなかった。
この銭湯は結構、そつち系の人には有名な銭湯らしく、また曜日や昼と夜とでは集まる男たちも違うらしい。
手頃な銭湯代で十分に男を堪能できた一日でした。

?
 

その後の体験談

 投稿者:マサオ  投稿日:2018年 3月27日(火)23時46分26秒
  ぽんぽこ温泉で知り合った人とは、その後メールのやりとりで、月に一度くらい、その人のアパートでセックスしてました。ある日の朝、訪れると、見知らぬ人が2人いました。何でも、風呂で声かけたらしいです。ニヤニヤ笑う2人は60歳くらいのスケベそうなオッサンで、私を奥の部屋に連れ込むと、押し倒しれ、服を全部脱がされました。オッサンも全裸になり、身体中触られました。結構溜まってるから何回やろうか?と言いながら、私の口にいきりたったチンポを突っ込まれました。もう1人は、私のケツマンコにローションつけて、指で掘られました。やがてチンポがあてがわれ、ズブリと挿入されました。激しく出し入れしてる間も口にチンポ突っ込んだままです。そのまま中だしされ、3人に、夕方まで掘られました。オッサン達はニヤニヤしながら、又、やろうか?と言われ、私は頷きました。  

ぽんぽこ温泉で

 投稿者:マサオ  投稿日:2018年 3月26日(月)14時05分32秒
  私は168*69*62歳のウケ親父です。日曜の朝はウォーキングの帰りにぽんぽこ温泉という日曜は朝から営業している銭湯に行きます。たまに、ゲイの人と会うと、サウナで、ケツマンコ掘って中だしされてました。その日も、いつもの人がいたけど、後、2人がなかなか出ないので、今日は無理かな、と思っていると、その中の白髪の60歳くらいの腹の出た人が出てきて、誰もいない露天風呂に入ったので、私もわざと横に浸かりました。太股が触れるくらい近づいても上がろうとしないので、もしやと思い、手の甲で太股に触れました。じっとしてるので、大胆になり、手の平で太股を触り股間に手を入れると、勃起したチンポがありました。そっと握りしごき、乳首を触りました。相手も私のチンポを触ってきました。すると、私のアパートに来ませんか?と聞くので、はいと答えると、出口で待っててと言われ先に出て待ってると出てきました。5分くらいの所にアパートがありました。部屋に入ると、抱きつかれ、服を全部脱がされ、奥の部屋の布団の上に寝かされました。相手の人も全裸になり、胸やケツ穴を触られ、やがてローションをケツ穴に垂らされ、チンポ生で挿入されました。激しく出し入れされ、女のようにあえぎました。そのまま、中だしされ、その後バックでも掘られました。夢がかないました。  

レンタル掲示板
/49