teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


暑い夏、みなさんはどのようにお過ごしですか

 投稿者:こうじ  投稿日:2011年 8月16日(火)15時52分50秒
  去年までは元気よく泳ぎに釣りに飛び出していたのですが、
今年はそこまでの元気がありません。
夏休みに入ってから、泳ぎに行ったのは1回、
釣りに行ったのがようやく16日(火)に1回です。
熱中症、夏バテ、いずれもくれぐれとご注意ください。
 
 

祈りは、フィーリングというものがあると思います。

 投稿者:こうじ神父  投稿日:2011年 8月10日(水)09時28分6秒
  ぎこちない祈り、流れの悪い祈りはだめです。
jyakuzuregawaさんほか、何人もの方から声をかけてもらいました。
 

整合性

 投稿者:jyakuzuregawa  投稿日:2011年 8月 1日(月)23時15分42秒
  カトリック新聞最新号の、こうじ神父様の発言を読みました。
私も「お祈りください」「祈ってください」が混ざった祈りは、変だと思いながら唱えていました。
 自分が首をかしげながら(マリア様を通して)イエス様に祈るのは、イエス様にもマリア様にも失礼なように思えます。
 

中学生合同黙想会、心配したほどではありませんでした

 投稿者:こうじ  投稿日:2011年 7月26日(火)18時51分58秒
  あー、子どもたちは強いなぁ。
心配したほどではありませんでした。
ただし、
中学生は聖堂ではなく、一階のエアコンの効いた
ホールでしたが。
 

小学生の合同黙想会がおこなわれました

 投稿者:こうじ  投稿日:2011年 7月23日(土)07時16分0秒
  子どもたち、かなり真面目な黙想会で絞られましたぁ(笑)
同じプログラムで、26日(火)中学生の合同黙想会ですが、
黙想会の厳しさに根をあげて、昼食食べたらボイコットしないかなぁ(泣)
 

霊名を祝ってくださりありがとうございます

 投稿者:こうじ  投稿日:2011年 7月 4日(月)00時12分51秒
  ボビナさんへ

今日は一日、お祝い続きでした。
始めて食事会も用意していただき、
酔いがさめてようやく書き込みに返事をしているところです。

トマスと言えば、前田被選司教さまはトマス・アクイナス
霊名の中では珍しい方かもしれません。
長崎教区は立て続けに2人も司祭を取り上げられてしまいました。

それにしても、指名されて「わかりました」と返事をする勇気は
称賛に値します。その後に期待されることを考えただけでも
身のすくむ思いですのに、これから10年、15年を全うするというのは
それだけでも尊い犠牲です。

霊名の祝いは、司祭のままずっと祝ってもらいたいですね(笑)
 

聖トマ(トマス)のお祝いに

 投稿者:ボビナ  投稿日:2011年 7月 3日(日)19時45分29秒
編集済
  こうじ神父様
霊名の祝日おめでとうございます。
カトリック教会の教えに従えば、主日(年間第14主日)だったので、
典礼的には、そちらが優先ですね。

昨秋某所での万葉司教様(当時は神父)、こうじ神父様、私の3人の3ショットを思い出しました。

そういえば、うちの幼稚園が聖トマを守護聖人にいただいています。

地域によっては、ナス(茄子)をナスビというところもあります。
トマとトマスも似たようなものかも?(ラテン語とギリシャ語の違いなことは、承知しております。)

こういう例ってたくさんあるですね。
テレジア→テレサ、マグダレナ→マグダレーナなど・・・・
女性でも男性名をそのままいただいている方もいらっしゃいます。

『名は体を表す。』ごもっともだと思います。

今晩の共同祈願の意向に、こうじ神父さまのことを入れたいと思います。
Deo Gratias.

こうじ神父さま
個人メールにすべきことかも知れませんが・・・
数年前にあった横浜での司祭叙階式、現在、本人はドイツ留学中です。
某女子修道院で、当分の間、聖務日課を御一緒させていただいた方です。
伊王島巡礼をされた方が司祭叙階しています。その時に、旧知の
鎌倉レデンプトリスチンの外務のシスターが参加してました。
(本人から直接伺いました)列福式の時にも長崎のレデンプトリスチンの
シスターが少なからず参加してました。
列福式を終わって、長崎レデンプトリストンの晩課に与ったことは一生忘れません。

そのあと、こうじ神父様と2ショットの食事だったことも。
当日のことを思い出しています・・・。(笑)
 

那須トラピストなど

 投稿者:ボビナ  投稿日:2011年 7月 2日(土)15時46分42秒
  現在、日本各地でカトリック中央協議会広報が後援した
2010年度カンヌ国際映画祭グランプリ『神々と男たち』が上映中です。
あるカトリック信者さんに教えていただかなければ観ることはなかったでしょう。

この映画は、1996年にアフリカのアルジェリアにあった
厳律シトー会アトラスのノートルダム大修道院の修道士9名のうちの7名が
誘拐・殺害された事件を映画化したものです。
残ったメンバー2名のうち、1名は存命だそうです。(映画パンフレットより)

『神々と男たち』公式サイト(日本語) 上映情報もあります。
http://www.ofgods-and-men.jp/

アトラスのノートルダム大修道院の公式サイト(仏語)
http://www.notredameatlas.com/

クリスチャン修道院長の「遺書」(仏語版)
http://users.skynet.be/bs775533/script/contemp/Atlas/testa-ita.htm
日本語訳は、曽野綾子さんが訳されたものであれば、映画パンフレットに全文公開
されています。また、いろんなブログでも紹介されています。検索してみてください。

厳律シトー会のサイトに行きましたら、那須修道院が紹介されています。
2年前の夏に黙想でお世話になったところです。以前にお世話になった外務の
姉妹が中に入っていたのですが、わざわざ出てきてくださってその姉妹から
いただいた本は、宝物の一冊になっています。修道院内では、修道名しか使わ
ないので久しぶりで俗名を使った。と笑顔で仰って下さいました。

『神に魅せられて -福者ラファエル・バロンの生涯-』
(著:トマス・ガエゴ,ocso、訳:高橋重幸,ocso/聖母文庫)
http://www.seibonokishi-sha.or.jp/mybooks/ISBN4-88216-156-7.htm

厳律シトー会(o.c.s.o.)
http://www.ocso.org/

この映画で、典礼の大切さ、典礼や聖歌の美しさ、兄弟愛etc.
いろんなことを再認識させられました。

映画を観ながら列福式直前に大分のシトー会男子修道院で晩課に
あずからせていただいたことを思い出しました。
同じ修道会ですが、那須と大分では、晩課のやり方が違いました。

この掲示板をご覧の方で、カトリック教会の聖務日課(教会の祈り)を
なさっている方も少なからずいらっしゃることでしょう。

時課の典礼(聖務日課=教会の祈り)の参考になるものとして、4冊上げておきます。
『教会の祈り』(カトリック中央協議会)
『教会の祈り』の解説書(中垣純,SDB著)
『詩編』(カトリック中央協議会)
『詩編を祈る』(高橋重幸,OCSO著)

今晩の晩課で歌う『Salve Regina』楽しみです。
 

大分、行きたかったなぁ

 投稿者:こうじ  投稿日:2011年 6月29日(水)16時49分40秒
  jyakuzuregawa さん、

まったく海を渡る方法がなくて、
残念でした。
素晴らしい叙階式だったと聞いております。
浜口新司教さまが、立派に大分教区を導いてくださいますように。
お祈り申し上げます。
 

大雨

 投稿者:jyakuzuregawa  投稿日:2011年 6月25日(土)22時34分41秒
  明日がいよいよ司教叙階式です。
明日の大分県の天気予報は、あまり芳しくない結果です。
が、そちらからの船が出るように、お祈りします。
 

レンタル掲示板
/115