teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


顰蹙を買いに行く

 投稿者:夏山夏男  投稿日:2009年 6月20日(土)21時21分36秒
  どうも。ライブ行きたいな~
ロックンロールに日々の鬱蒼を
バラバラに解体してもらいたい(笑)
youtubeでAF少し見ましたが、こういう感じですか
非常に面白いね~熱が凄い。
これは見たかったなあ~

テープは最高だよね~我々の世代は、
それこそテープで
八割がたは生計立ててましたね
リアルに密着してました
最近は、いつものあのラジカセが壊れてきたから
新しいのが欲しいんです、
テープは劣化の流れが酷く美しいんだよね(笑)
ださめのアノラックも
深みを持って聴こえたりするっていう~
時間さえあれば、
自分の立ち位置を確認するような感じで、
いつでも作りたい欲はありますよ~
いい曲に出会うとこれはB面の三曲目だなとか
いまだにレコード/テープ的な発想ですね(笑)
A面で恋をして~ウインクのマシンガン~みたいなものが
いまだにリアリティを持つ事もありますしね

なんでもありでよければ作りますよ~
ドラマティックなやつで
どびっきり都会派なナンバーでいきましょうか

あと、蝉さんのSF特集の時の視点に類似してる
コンピが家にありました、
アイランド傘下のantilles recordsのコンピで
no newyorkとか出してるところみたいですね。
個人的にはシャーリーコリンズやjune taborが良かった~
ドレイク、トラッドからdonのtibet whitenoise、辺りまで
かなりロックよりのところは抑えてあったので
当時コンパイルしたジェフウォーカーって人は面白い人なんでしょうね
よく知らないんですが、
結構流れが近かったので、聴いててなんか面白いなと思いましたよ。

春日部は、また行きたいですね~。
行く前から色々な情報を叩き込まれて
情報が現地のそれより上回って神話的にさえなって
いたので、一回くらいしか街の方へ行ってないんだけど
見る景色に異様な愛着が持てたのは楽しい感じでした、
海の名前の古着屋もアッパーでしたね~

赤塚追悼本を読んでて、面白くて
その流れで、バカ田大学コンプリート編を読んでました。
アウトサイダーが一挙に勢揃いも凄いが、やっぱり家族ものが
しっくりきますね(笑)
梅雨や雨季が
近つくと
ふと、つげ兄弟の本が
読みたくなってきますね。

近代文学館主催の夏の文学教室の荒川洋治講演は
間に合えば観に行こうかなと思ってます~

これからゴダールのうまくいってる?
観て就寝。
 
 

下駄を鳴らしてヤツが行く

 投稿者:蝉山蝉男  投稿日:2009年 6月20日(土)05時16分11秒
  どうもです。

あぁ、あのサイコキラーも格好イイですよね。
粋ですよね。
あの感覚だけ詰まっているアルバムがあれば良いのですがね。

確かに独自の視点がある店があれば
違うのかもしれませんね。
しかし、春日部にはなかったなぁ~(笑)。

最近はテープ・デッキを兄に借りて。
久々に選曲テープを作ろうかと思っています。
夏山さん、久々にテープ交換しませんか(笑)?
懐かしのj-popシリーズでも何でも良いですが(笑)。

そう言えば、phewの新作はテープ発売みたいですね。

高校生の頃はハルキより龍。
龍よりもシマダマサヒコって思っていましたが
今考えると、一番まともなのはハルキかも
って思えてきたりしますね。
今日は古書ほうろうにて
梅原猛の仏教の本と永井荷風と東大アイラーを買いました。
最近は中々小説気分になりませんが
そのうちハルキ再読&再考してみたいモンです。
津島本出ていますね。
未だノーチェックですが、結構面白そうなのありますよね。
オススメがあれば。

そう言えば、アサイヤスのクリーンを観ましたが
なかなか良かったです。
が、求めているモノとは違う気がしましたが
何が違うかは分からず終いでした。

アクロンは東京2日間とも行っちゃいましたが
素晴らしかったですよ。
逆説的ではなくロックを感じさせるバンドが絶滅状態のなか
かなり貴重なバンドですよ。
それでいて現代的な音ですから。
また、会場のお客さんが無茶苦茶イイ顔しているんですよ、ホントに。
ロック・ライブに夢を見たのはロックボトム以来です。

近々、売りに行くんで
また店よりますね。
 

無限の前に腕を振る

 投稿者:夏山夏男  投稿日:2009年 6月14日(日)21時52分42秒
  どうも。
昨日たまたま借りてきたNYPUNKのビデオを
観てたら偶然、アコギのサイコキラーが出てきて
参りました。
これは、カッコイイ、
女性ベーシストの立ち位置も抜群でした。

俺は、基本的にはレンタル育ちの新人類で通ってたから、
(コンビニエンス物語的な)
あんまり気になんないのかも~
今は面白い店がなくなってしまって
ほとんど利用しないけど
昔は独自の視点で面白い商品を集めてくる
レンタル屋とか結構あってね~
それこそドリームがあったね~
お店がもうシアターっていうかね~
その流れがあるから、
今でも、踏み込めるのかもね~
ある責務を金を払って背負う感じにはなるけどね

だから柿生の未だにビデオオンリーでやってる
濃密な品揃えのレンタル屋に
行った時は、懐かしい気持ちと、もう無理じゃね(劣化が進んで)って云う
複雑な心境でしたけどね(笑)

GHEDALIA TAZARTESは
WEBで少し視聴しました。興味ありますね。
しかし、どれから聴けばいいんだろう、、
てゆうかSOLD OUTばかりだね(笑)
モダンに行けばあるかな、

月光だねそうそう、府中無職時代を思い出します(笑)
たまらん坂のスーパーでバイトして一週間くらいで
辞めたことを思い出します。
しかし
月光仮面が来ないのと、って、そういう意味だったのか(笑)
そうですか。
タイマズのインタビューも読みたかった。

最近はハルキを読んでますよ(笑)
長編で面倒なんですがなかなか面白いです。
その前はナカイヒデオの書簡を読んだり
オザキミドリを久々に読んだり
津島修治ものはどんどん出だしてるので
いちいちチェックしてますが、
ただあの検定はナシですね(笑)

それと給付金はいつ入って、出て行ったのか
調べなくては(笑)

アクロンかあ、、
そろそろ何か日常の事を形にしたいですね~
 

神の裁きと訣別するため

 投稿者:蝉山蝉男  投稿日:2009年 6月11日(木)03時15分54秒
  どうもです。

映画はそうなんですよね(笑)。
内容どうこう抜きに、
まず欠けた部分が何か潤うなぁ~
って感じがしますよね。
ただ、レンタルにはどうしても踏み込めないんですよね~、何故か。
カイ君が弾いていたのはドビッシーの「月光」だった気がしますが
ちょっと自信はないです。

紀代氏特集、自分も読みましたよ。
サンドウィッチマンやって
「人がやりたがらない仕事をやるのは素晴らしい事だ」
って親父に褒められたって話は
凄い紀代氏っぽいなぁって思いましたよ。
なんか紀代氏の視点って一貫して
ダメな人間をも包み込むような感覚がありますもんね。
他家だ新字も書いてましたが(笑)。

あの特集読んだら無茶苦茶やる気が出てきましたよ。
色々と思案中です。

引越しは家が狭すぎてダンボールを蹴り込む事さえも出来ないって言う(笑)。
未だに開封していないダンボールが15箱位あります(笑)。

バーンは、まだ辿りつけていない人って感じですよね。
もう二歩踏み込めるんじゃないって感じなんで。
ただ、ストップ・メイキング・センスのオープニングで
サイコキラーをギター一本で歌っている時は
最高に格好良かったので
嫌いにはなれないんですよね(笑)。

と~るは僕は其処まで知らないですよ。
ただ、昔、NOVEMBER STEPには感動しました。
最近はGHEDALIA TAZARTESが凄い好きです。
SFと同じノリでも聴けますし、
もっと違う方向に踏み込んだ感覚でも聴けますよ。
最近は、存在をテーマに
詩を書いているんですけど
そんな事を考えながら聴いていると
なんかシックリくるんですよ。
リアルとう言葉を際限なく逆説し続けて見える風景みたいな、、、。
因みに、定額給付金で買いました(笑)。

それから、アクロン・ファミリーを観てきましたよ。
パーカッシブ&綺麗なコーラス&オルタナ・ギターを
無茶苦茶ラフな感覚で演奏していました。
3人で打楽器みたいなノリもあったりと
3人で音楽で遊んでいる感じが本当に素晴らしかったですね。
正面きってロックのライブを観た!
って言い切れる素晴らしいライブでした。
 

あなたの下る坂道をわたしは上る

 投稿者:夏山夏男  投稿日:2009年 6月 6日(土)20時02分59秒
  どうも。
東京ソナタ観ましたよ。
そもそも映画を観るのが久しぶりなので
何か、色々と欠けていた部分が潤ったような気分(笑)。
同時にダージリン急行も観たけど、
今の気分は東京ソナタでした。
とても良く出来た作品だなと。

ウェスアンダーソンついては
ライフアクアティックが一番好みな気がします。
それと、DVDについてる撮影裏事情みたいなのは、とても良いですね~
これは、色々考えさせられますね~
(小津の東京景色かソフィアコッポラのロスト~か、東京繋がりで
迷ったんですがダージリンにしました)
たまたまどちらの映画にもあの最後のカイくんが弾いていた曲、
あれが流れててシンクロニシティだったので
あの曲しってる?
サティだっけ?ドビュッシィか!何でしたっけ、、あれ。

トシは最近新刊出したね笑
(職業田原俊彦)笑
軽く読みたいすね~
買っていく人がやけにトレーナー来てパーマあててる
率が高いっていう(笑)

R’ ONの潔特集は良かったです。
朝方近くまで読んでました。色んな合点や知らないことだらけでね。
ラプソディ後の家族の裏話しはマジでビビりました。

引っ越し後は、大変だよね笑
気持ち分かります。まあ、その分今まで目にも止めなかったような物とか
忘れ去られた物とかの遭遇とかあってマイナスばかりじゃないと
思うから(笑)、大丈夫だよ。更地を耕していくのも悪くないよ~
ていいながら、当時は手に汗握りながら、つめた想い出の品々を
有無いわさずダンボールごと、押し入れに蹴り押し込んだの覚えてるけど笑

俺もバーンは嫌いじゃないっていうか知らないだけだよ笑
百円レコード化してるものの中からじゃ
良さを掬い上げる事ができなかったんですね~
ちょうど同じ所に対比するようにレコ箱に入っててね。
同じ視点で捉えちゃだめだなと
比較的最近のサントラの
ライナー読んでたら思いましたね。
ポエジーではないよね~
何か実験的なポップスを作る上での
バランスの良さとか
そのキャリアの文脈から
入っていった方がいいのかなと思いました。

モノフォンは、一曲一曲の持つ意味がセカンドよりよいですね~
そう思います。セカンドの都市感覚みたいな感じも好きですが。
高い驚きがありましたね。
抽象的なものと具体的なものが入り交じってる感じだね
ミュージックコンクリートが
具体的な素材をシャッフルして抽象的なものを作成するのだとしたら
これは、そういう実験的な伝統なものと当時の流行との
どちらをも疑問を持って作られたような弁証的なもののように
思えてきましたね。
だから新鮮なのかもですね。

凸団はユニークさで惑わせながら
鋭い新しい状況を作っているような感じを
うけますね~深読しすぎかな笑
ただ俺も今後同じ道をすれ違う可能性は大いにある人達のような
気がします。新しいメイヨのコメントの付いたアルバムも聴いてみたいです。

蝉さんのSFのやつを読んでで、
日本的なものってのに興味を持って、
今日はトオルTAKEを聴いてました。
三、四枚、持ってる中で、地平線のドーリアが一番良かったですが
トオルはちょっとハマりそうな気がしてきました。金がないのに笑
とりあえずオススメあれば教えてくださいよ。

今日はルオーが近場に来てるので観に行こうと思いましたが断念。
版画とは何だろう、これが僕の住む街で考えなければならない
目下思案テーマのようなきがしてきた。。。
 

歩く人。

 投稿者:蝉山蝉男  投稿日:2009年 6月 6日(土)04時59分36秒
  どうもです。
被っていましたね~、投稿時間が(笑)。

この間、読んだインタビューでは
「オファーはあるけど、バラエティには基本的に出ない。
 テレビ出るなら歌じゃないとね。」
みたいな事を言ってましたね、トシの旦那(笑)。

本林さんツアー行きたいですね~。
こちとら、引越し後の片づけが中々終わらなくて
気が狂いそうですよ(笑)。

XTCとトーキングヘッズは比較対象になっちゃいますよね。
デヴィッド・バーン、僕は必ずしも嫌いではないですが
ただバーンの奇矯な部分って結構大味ですよね。
それが原因かどうかは分かりませんが
ポエジーは感じないですよね(笑)。

モノのファーストは、昔で言うマイブラの「ラブレス」みたいなモンで
発売当時の最先端で
今は必ずしも新しいって訳ではないんだけど
コレを聴くか聴かないかで
リスナーとしての視野が変わってくるような気はしますね。

突ダンは何か近しい感じを受けるんですよね。
よく分からないんですけど、凄く好きで。
それこそ、ポエジーは感じないんですけど
視点に圧倒的なユニークさを感じますよね。
ロル・コックスヒルとの作品も最高に好きです。

草食男子って気味悪いですよね。
何なんですかね~、アレ(笑)。
勝手に草食してりゃイイのに。
メディアで話題になる事自体が本当に
気味が悪いですよ。

そうですか、知らぬ間に保育園ですか、、。
何かイイっすね(笑)。

スタジオは入りたいですね。
チョコが駄目そうなキーボード持って居たんで
どれだけ、駄目か試してみたい所です(笑)。
 

何もかも無くしてしまおう

 投稿者:夏山夏男  投稿日:2009年 6月 3日(水)22時43分1秒
  素晴らしいです。
音と音の間でこんなに悪態つけるものかと
感心してます。
フリスとの即興も好みだなあ。
ギターもとても良い

この前のペンギン音源は
まだ聴いてないんすよね
聴きたいなあ
 

突然ダンボール

 投稿者:蝉山蝉男  投稿日:2009年 6月 3日(水)03時32分56秒
  突然ダンボールの「成り立つかな?」を聴いているのですが
素晴らしいですね。
昨今のゆりのきをもう少し整理してミニマルにして
ロックバンドっぽくしたらこうなる気もするのですが、
如何でしょうか?
ロックバンドってこうでなきゃって感じがします。
 

わりとずっと半袖

 投稿者:夏山夏男  投稿日:2009年 6月 3日(水)03時20分51秒
  どうも。
ヒデキとトシちゃんの服がきついね(笑)
何か、ダサさを越えて
呪いが、かかってるような不快感を与えるね(笑)
それにしても、
細川たかしのステップが抜群ですね~

この前久々に本林さん邸にお邪魔してきましたよ
ホンとレコード以外は何も無いっていう
物の少なさに改めてビビりましたね(笑)
身の回りの物をこの機会に
見つめ直さねばならないと思いましたね。
自分の抱えてる荷物の半分くらいは
実はゴミなんじゃないか
とさえ思ってきました(笑)。

みつをの話しは是非後日伺いたい(笑)
人はなぜ呑気である事をやめないんだ~

フューチャーデイズはそうなんすよね
編集と加工に一番手間をかけたっていってますね。
即興的なコミューン演奏をエレクトロニクスの旺盛で
転換している部分は時代の流れですかね。
ホルガーのインタビューを読んでたら
ストックハウゼンとの師弟関係とか出てきて面白かったよ。

ニールヤングは旅情を誘いますね~
開拓精神みたいな強さと叙情的な甘い弱さが
合わさる部分がとても好きだね~
最近は男子ご飯なる、オカマOR草食?本が流布してますが
やっぱり背中で語るみちのくひとり旅だよね~

最近はね
プリンスの歌詞は以外に面白いなと思ったり
(ライナーのオオサワトシユキの微妙なシンパシーコメントはいらなかったけど)
テレビジョンのセカンドは
とても良い絵画を見ているみたいに落ち着くとかね
(耽美な感覚をぶち壊した美しさといったらいいのかな)
トーキングヘッズは相変わらず好きになれないんだけど
XTCのアンディの才能は一回りしても好きだったり
(アルバムによってはKEMURIみたいに聴こえるスカっぽい曲もあるけど笑)
後、モノフォンタナ良かったよ

では
近いうちまたスタジオでも
入りましょうよ~音出したいすね


PS
カッちゃんが保育園だってね
なんか岩井さんも今、幼稚園勤務みたい(笑)。
 

人生はセンチメンタル・ジャー二ー。

 投稿者:蝉山蝉男  投稿日:2009年 5月30日(土)05時08分27秒
  ジョージも面白いですが下のリンクのトシちゃんもかなり笑えます。
こうなるとメインがRCではなくなっていますが(笑)。

東京ソナタを観て、家族や東京について考えたり
福井へ行って(チョコ親に挨拶:笑)山の稜線や若狭湾について考えたり
阿修羅展へ行って仏教について考えたりしていました。
其処から派生して何故みつをが嫌いなのかの答えも導けましたが、
まぁ、機会がある時にでも(笑)。

カンのフューチャー・デイズはは少し前に聴いた時に
73年以降の音楽の全てが詰まっていると思って感動しましたが
又聴き返してみますね。
原田伸二は確かに甘い未成熟な声ですね~(笑)。

福井から東京への帰路、新幹線の中で
ニール・ヤングの「リアクター」を聴いて
ニール・ヤングの男前っぷりを再確認していました。
そう言えば、昨日、試聴したブッカーTのアルバムで
ニール・ヤングが弾いているギター相当男前でした(笑)。

http://www.youtube.com/watch?v=n5MZjRzv-uM

 

レンタル掲示板
/20