teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


東京の一票 

 投稿者:Guy=11V  投稿日:2014年 2月 5日(水)20時44分20秒
編集済
    Ⅰ ねずみ男によろしく

なに? スローライフに清貧だと
エコな貧乏暮らしなんてまっぴらさ
げ、脱原発?、民主党でもないようだけど
あんた古いね、アカだろう
もう左翼とか共産党・社民党なんて、はやんないよ

いまやトレンドは自民党右派から超極右だぜ
嫌韓・嫌中国、憲法改正と当然の交戦権確立でバリバリよ
戦争になったらどうする?
あと10年は大丈夫だろうから、30代のオレに兵役は関係ないね
まあ、20代以下の若い連中よろしく頼むよ! がんばれよ~!!

この道まっしぐら いいねえ
アカにはブレーキ踏ませないぜ
ヨミウリ・サンケイ・フジにネットもNHKもオサエてあるしなあ
オザワもカンもハトヤマも潰して お世話になったCIAも
トクテイヒミツ保護法案でご機嫌だし
あとは教育と国旗国歌・天皇尊崇で固めてしまえば
オリンピック万歳!!、
アカの口は「非国民!」の一言で封じ込めるようになるね

核のゴミはどうする?
ナニ言ってんのアンタ、偽善だよ、今の暮らしが大事だろ
未来のことは未来の連中に任せればいいの
アンタには考えもつかない知能でちゃんと解決するって
支持する学者もいっぱいいるし、自民党は東大出が多いんだぜ
水俣でも御用学者が? そんなの昔話だろ
公明党や経団連の会長の鼻毛の伸びた福々しい顔を見てればわかるだろうが
なんも心配いらないさあ、馬鹿の考え休むに似たりってね、
わかるかなあ、庶民は謙虚さが一番大切よ

巨大地震で原発が?
アンタねえ、そんな恐ろしい地震が起きたらどのみちメッチャクチャ
アンタそれでもまともに生きていられる自信があるのかい
オレ?オレはあるよ。今を生き延びることしか考えない、
オレの生き方は首尾一貫してるからね。なんたってオレの前世はゴキブリだもんな

プルトニウムの半減期が23000年ねえ?
アンタ自分の寿命をよ~く考えてごらん
ストレスなく楽しいことだけ考えたほうが、よっぽど長生きできるぜ
早死にしたら年金でだって損するよ だから、
オリンピックのことだけ考えるんだよ
ほら、わくわくするだろ
一票、よろしくね。
(今回は勝ち馬が肝心で、ネズミ男の方だからね。大丈夫、アンタと同じ、
 大勢順応派で、あとでどうにでもできる奴だから。東京で、サヨクと
 脱原発派にとどめをさせれば、時代は一気に変わるぜ!!!)








   Ⅱ 「花は咲く」(オマージュ)


  「花は咲く
   いつか生まれる君のために

   私は何を残しただろう…



賑やかなオリンピック狂騒曲に
みんな楽しく忘れたいのですか

春風薫るあの街も
あの日々も
誰かを励ましてるあの人の笑顔も
悲しみの向こう側に咲くあの花も

誰かの未来も
叶えたい夢も
いつか恋する君のことも
いつか生まれる君のことも

今はただ みんな忘れたい?
報われず 傷ついて
報われず 傷つけて
だから

みんな忘れたいですか
見ることも 聞くことも 発言することも
考えることさえ

すべて 今も あなたと結ばれているのに

愛おしい思い出も
夜空の向こうの朝の気配も
悲しみの向こう側のあの歌も
変わりたい自分も



あなたは何を残すのですか







*註(本歌取りとかいうレベルではなく、もちろん故意に皆さんご存知の「花は咲く」(岩井俊二作詞)の
   詩句を、勝手にほぼ全面的に利用させていただいて作ってあります。岩井さん、ごめんなさい。)
 
 

ご自愛下さいね。

 投稿者:  投稿日:2013年 7月29日(月)21時38分0秒
  お元気で居てくださいね。

さようなら。
 

如何ですか?

 投稿者:  投稿日:2013年 7月21日(日)23時29分52秒
  随分になりますが、忙しさでお体壊しているのではありませんか?
暑さも加わり、大変ではないですか?
 
    (晶) ご心配かけてすみません。

7月に入って、めずらしく仕事で躓きがありまして、落ち込んでいるところへ、
最悪の参議院選の結果で、心のダメージがひどいのです。
少し余裕のある時期になってきたので、休日は読書三昧と思っているところへ、
また突然腰を痛め、例によってパソコンへ向かうのがつらいんです。

しばらく無理をしない程度に、読書と自分の内面に浸りたいと思っています。
そんなわけでまことに申し訳ありませんが、もう1~2か月は、ネットでの発信は
すべて休止させていただくつもりです。
本当にごめんなさい。
 

取りに行きます

 投稿者:  投稿日:2013年 6月12日(水)22時12分19秒
  ヤッター☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

車から降りて
私に気付き 笑顔を見せる

20秒の受け渡し(笑)


また来年ね…


清々しい魔法の20秒(笑)
 

心の中

 投稿者:  投稿日:2013年 5月31日(金)00時50分51秒
  6月になる

2ヶ月前に、書類の書き込みが終われば取りに上がります。
そう言われたけれど、少し意地悪な悪戯な気持ちが私に現れて郵送にして投函。

封の裏に、この日話題が出たアーチストの小さなシールを貼って。
気付くかな?
他の人の目に触れないかな?
大丈夫かな・・・・


シール凝っていますね。
机のマットに挟みました・・と、返事が来た。

楽しい感情がコトンとトキメイタ・・

来月は、書き込んだら郵送してくださいって言われるかな?


取りに上がります、そう言われたら・・今度は「はい」と、
返事をすることにしょう・・・・・・・・・・

 

大衝撃ですよ(^.^)

 投稿者:  投稿日:2013年 5月24日(金)00時15分17秒
  「日本より、頭の中の方が広い」だなんて、一休さんの頓知返のようで、
この表現は、子供さえ引き込みますよ*\(^o^)/*


今日は、今年二度目のアカゲラ坊やが来ました。
猫まで来て狩りの動作…これは困る。
この場は、野生の王国にはしたくない。

山羊の赤ちゃんも可愛かったなぁ…もう立派な男の子に成っているだろう。
羊も欲しいし…夢は広がる(笑)



少し離れた所に、山羊 ラマ アルパカの居る「村」が在るの。
馬が場車を引いて私たちを乗せて村「園内」を観せてくれるの。
レストランもあり、ドックランもあるの。
ドックランの入り口には、そこで飼われている犬が一頭眠ってた。
薄目を開けて、尾を軽くサワサワと振った。
息遣いが 老犬である事を知らせた。

彼処に居たみんなに、いつか会える日は有るとおもう。
いつかは判らずとも、出会った私たちは必ずまた出会う…
 
    (晶) またまた超多忙になってます。2~3週間は続くでしょう。
しばらくは休み休みで登場します。御免下さい。
 

宮崎駿

 投稿者:  投稿日:2013年 5月22日(水)23時49分54秒
  猫のおんがえし、思い出しました(爆笑
沢山の糞(爆笑)
愉快、愉快!笑える~~(爆笑)




日本より広い頭。
衝撃だったなぁ~    初めて聞く言葉。


クオリア…貴方の詩に出てくる言葉たちイメージ等が、
ふむふむ…と感じ、思い意ました。
勿論私のなかのことなのですが。

クオリアから受けるものから、私はグラハム・ヤング(グレアム・ヤング)
まで流れて行ってしまったことがあります。
何故なのかは判りません。



カラスの威張りん坊より強いスズメと、シメがいました(笑)
共に一羽ずつ。
頼もしいチビさん達…、可愛い(≧∇≦)


明日は、友人が来ます。
少し長く居られるようなので、集まる小鳥たちの窓スクリーンを、
観せてあげます(笑)

アア~   小鳥飼いたいです。
できれば、アヒル(笑)



 
    (晶) 「衝撃」というのがかえって意外でした。だって
「なるほど、やはり人の詩(こころ)は、無限なのだ。自由なのだ」
と書いたのは、あなたですよ。

人は一人一人が頭(こころ)の中で無限の宇宙を抱えた、かけがえもなく
尊い存在です。
たしかに何者にも強制されない、頭の中の自由、心の自由というのは
この社会で最も大切なことのひとつでしょう。
他者を世界を平等に愛せたら、私の心はどんなにか豊かになることでしょう。


毎日3匹の猫たちからのプレゼントの始末に追われている感もありますが、
とにかく、めちゃくちゃかわいくて、すごく幸せです。

私めの方は実は、ミルクを出すヤギも飼いたいのですが、あの糞の量を見ると
やはりあきらめざるを得ないでしょう。鳴き声も近所迷惑でしょうしね。
 

カラス

 投稿者:  投稿日:2013年 5月21日(火)22時31分8秒
  とうとう、カラスが来てしまいました。

ヒヨドリ用の林檎、今朝も2個置いてきたのに 部屋に戻った時には消えていました。
素早い(笑)
なんとか、良い方法を考えて カラスにもヒヨドリにも与わるように。
カラスは、私が近づいても逃げないんですよ(汗)
先日、海外のカラス研究者達の番組をみてからカラスに対する見方が変わりました(笑)
母に慣れているカラスが居まして、母がする犬の散歩の時に電線伝いに着いて来て、
帰りも一緒に戻って来て…懐かしい事を思い出しました。

木の葉も開き始めてきています。
桜は、咲いたみたいですが 私はまだ見ていません。

ツクシとフキノトウは食しましたよ(*^^*)
母の友人からも頂けました。
美味しい春でした(*^◯^*)
明日は、私の友人が フキの一品を届けてくれるそうです 嬉しいです(^.^)


 
    (晶) ずいぶん遅い春なんですね。同じ日本のはずなのに、
こんなに違うのですね。
今日は暑くて東京の職場ではもうクーラーが入りました。

土筆とフキノトウの味、今年もすっかり私の春の記憶の
頂の一つになっていますが、そうですか、よかった。
蕗もおいしいですよね。

カラスは犬よりも賢いという説もあるそうですが、
その庭の犬のおかげか、カラスは来ません。
ヒヨドリや雀が犬のえさをしょっちゅう食べに来ますが、
我が家の愛犬は一向に気にしてないみたいです。
鳥たちはお礼のつもりかいっぱい糞を落としてくれていますけど
 

どうぞご自由に

 投稿者:Guy=11V  投稿日:2013年 5月20日(月)18時01分53秒
編集済
  日本を愛し誇りに思うからこそ
天皇制・日の丸・君が代は
無くなった方がいい
より民主化した方が
より自由になった方がいい
という考え方もあるのです

どうぞどうぞご自由に お好きなように 心ゆくまで
大声で君が代を歌い 日の丸を振り
天皇陛下万歳をやってください
 戦前のように国の隅々まで
 それが強制される時代が好きなのも
 あなたの自由です


ただし どうか
私の日本の愛し方と日本人としての誇りを
より民主的でより自由な未来へ向かう日本への希望を 圧殺して
天皇制・日の丸・君が代への崇拝を強制しないでいただきたい

自分たちの方法でしか
日本の愛し方 誇りの持ち方などない
などと思い込まないでいただきたい

 
    (晶) 愛国者なんですねえ。
まあ、そんなに日本にこだわらなくても、と思いますけど。

「日本より、頭の中のほうが広いでしょう」と
『三四郎』の中で漱石が書いていますよね。


たしかに漱石も、軍国主義や言論封殺・思想信条の自由圧殺の流れは、
止められなかったのですが…
 

「日本を取り戻せ!?」②

 投稿者:Guy=11V  投稿日:2013年 5月17日(金)22時50分15秒
     Ⅱ安倍政権がなさったこと


 戦後民主主義を根底から変え、戦前に回帰する法案を
 国民のほとんどに内容が周知されていないまま
 強行採決

 天皇制のシンボルの
 抑圧と圧政のシンボルの
 国旗国歌を強制し
 良心と思想の自由を蹂躙し
 学校・地域・家庭と、生活の隅々まで
 愛国心を国家統制する
 日本の伝統だといって天皇を賛美させる
 教育基本法「改正」法案を
 強行採決

 学者・専門家・教育者の大半が反対していた法案を
 一回に2400万円もの血税を浪費してやらせタウンミーティングで
 世論を偽造してまでやみ雲に急いで
 強行採決

 原発推進 大企業べったり 毎年3万人の自殺者
 弱肉強食の格差社会をおし進め 家庭と教育現場を荒廃させ
 経済大国だというのに未だに25人学級も実現せず
 先進国には無い40人学級のまま 更に予算を削り
 政権の責任から目をそらし 現場の教師に責任転嫁
 教師の良心を抑圧し 上意下達の平目を増やし
 ゆとり教育の見直しも 教員免許更新制も
 同じ手口の責任転嫁と我田引水

 国家が価値観を統制するのを禁ずるのは
 民主主義の大原則 近代国家の常識
 良心と思想の自由を蹂躙し
 学校・地域・家庭と 生活の隅々まで
 愛国心を国家統制する
 戦前回帰法案を
 強行採決

 天皇を神格化した明治憲法の毒は
 40年余を経て全身に回ったが
 教育の憲法とも言える『基本法』を
 強行採決で改悪した安倍政権
 焦らずたゆまぬ努力を積み重ね
 遂に憲法改悪で電車道完成ですか

 安倍戦前回帰政権から
 民主主義を 日本を取り戻せ







 

 投稿者:  投稿日:2013年 5月17日(金)00時32分9秒
  貴方が書いたのでなければ構わないのです。

天皇、日の丸、君が代。
日本を愛しております。
誇りに思って居ります。
 

日本を取り戻せ

 投稿者:  投稿日:2013年 5月15日(水)23時57分12秒
  これは貴方が書いた投稿ですか?  
    (晶) 検閲や詮索は行わない方針です。  

クオリア または 私というアプリオリな装置

 投稿者:  投稿日:2013年 5月10日(金)20時16分6秒
編集済
                                   .

Ⅰジョルジュ・ブラックの鳥


 美しい鳥よ

  確かにその時

   「私」は君を見る方法だった







    Ⅱアプリオリな装置


 忘れないで 人生は

  美と喜びを体験する

   ための 装置なんだってこと










                    .       
 
    (晶)  ?はブラックの天井画が好きで書いたずいぶん昔の作品。
 ?は近年のクオリアに関する文章を読んだのちの作品なのですが、
映画監督フェリーニへのオマージュにもなっています。
 特にアマルコルド以降のフェリーニがたまらなく好きなのですが
(本当にもう映画館から出たくなくなってしまうほど)、しみじみ
フェリーニはすべてをわかっていたんだなあと思います。
 

「日本を取り戻せ!」 ①

 投稿者:Guy=11V  投稿日:2013年 5月 9日(木)22時01分3秒
編集済
     Ⅰ 押しつけ憲法反対!!

かつて私たちは押しつけられた
 その表現は 美しいやまと言葉からも
 国民のやさしい日常からもほど遠く
 文化的植民地の支配者にふさわしい劣等感の蓄積から
 古代中国語たる強圧的な漢語にあふれ
 ビジン言語ように稚拙で恥ずかしい
民間からの憲法草案はことごとく踏みにじられ
現実離れした神話のような宗教のような
絶対的で狂信的な崇拝を
天皇主権の明治憲法を

かつて占領軍は押しつけた
明治憲法の天皇主権を死守しようとする政府に
国民主権を 基本的人権の尊重を 民主主義を 平和主義を
国民の大多数がすぐに支持した現憲法を
絶対的天皇制への隷従から
押しつけ明治憲法から
それらを強いる権力から
われわれを解放したのは
帝國日本政府ではなく 米国占領軍であったのだ
どんなに赤面しようと 私たちの民主主義のこの原点だけは忘れてならぬ

一億総中流の豊かさを創出したのは 軍備でも
植民地(満州・朝鮮・台湾・樺太・南洋諸島)でも
天皇崇拝でもなかった
膨大な血を流して守ろうとしたそれらを みんな失ったのに
私たちはかえって豊かになった
戦後の豊かさは 農地解放と格差是正・内需拡大
民主主義と平和憲法と勤労な国民のおかげじゃないか
どんなことがあっても この原点だけは忘れてならぬ

自民党とは 安倍政権とは
天皇主権を死守せんとした帝国政府の嫡流ではないか
憲法改正だと? 天皇元首化・国旗国歌尊重義務だと?
すでに アマテラスの象徴たる日の丸を仰がざる
天皇制の永続を願うキミガヨを歌わざる教師は 処分されているぞ
憲法改正?後まもなく 不敬罪は復活し
隅々にまで旗と歌は強制されるだろう
民主主義の根本則たる思想信条良心の自由を踏みにじって
「非国民」という悪罵も やがて復活するだろう

押しつけるな 天皇制崇拝を
古代から 醜く陰惨な皇家肉親同士の内輪もめに
私たち庶民の祖先は 駆り出され巻き込まれ 殺し合いをさせられた
親殺し子殺し 兄弟殺し 近親相姦 淫乱ハーレム
あらゆる悪徳を刻印した家系を 崇拝したいならあなたの自由
自民党の自由 安倍の自由 帝国政府嫡孫の自由を
憲法改正の名で すべての「私」に押しつけるな

天皇家諸儀式装束の背景たる平安君が世の黄金期も
国民の八割以上が極貧のうちに抑圧され
超格差社会の戦前 天皇の名の下の思想弾圧と大戦争
アジアの人々2000万 国民200万のみづく屍・くさむす屍
天皇制権力の犠牲者を 「英霊」とごまかすな!!
日の丸を仰がざる キミガヨを歌わざる
靖国を拝せざる 皇族を尊称せざるは
恥を知る日本人としての 真正の良心ゆえなのだ

押しつけるな 改悪憲法を
押しつけるな 天皇崇拝を
押しつけるな 日の丸・君が代を







 

花言葉が、五つも有ることに驚きました。

 投稿者:  投稿日:2013年 5月 5日(日)20時32分39秒
  蒲公英へのイメージが変わりました。


綿帽子、こちらでは そう云います。
いつもより遅く、まだ存在も現れて居ません。

散歩道が有りまして、その両端一面にタンポポが咲きます。
私の犬は 真っ白で  其処の帰りには必ず黄色に染まります(笑)
楽しくて楽しくて仕方が無いその表情に 私は、毎日毎日幸せになりました。
そんな昔を思い出しました。

この子から得た事は、とても多くて。






今日の夕暮れは曇りの夕暮れで、私には残念でした(笑)
一日に、何が有ったとしても無かったにしても、
陽が照らす暮れ行きを見ると気持ちが息吹きます。

春でも、夏でも、秋でも、冬でも・・・一日の終わりが其れで有ったなら、
良しと思える(笑)




今年は、あの子と歩いた道に出向いて見ます・・・・・・
 
    (晶) 美しい夕暮れは、神様からの最高の贈り物の一つですね。
古いイタリア映画に、みんなで椅子を出して夕焼けを楽しむのを、
貧しい生活の最大の幸せにしている人々の話もありました。

谷川俊太郎の詩に「夕焼けは最大の書物。すべてが書いてある。
始まることも。終わることも。」というのがたしかあったと思います。


美しい思い出だけは手放せない。それは私たちの最高の財産です。
最後に残るものも、おそらく
 

ある飛翔

 投稿者:  投稿日:2013年 5月 4日(土)20時56分53秒
編集済
                                             .

あの安らぎの日
あなたは
春の野辺に来た
まばゆい光でした

天上の輝きを
地にもたらすような
すずやかな微笑みは
風に揺れて広がりました



あなたの華やぎが
すっかりひそめられたのは
続いた冷たい雨のためで
あったでしょうか



忙しさの中で自分を失っていた私が
寸暇の中で見出したのは
初夏であり
あなたの姿ではありませんでした

ひと足ひと足に
季節に透きとおる翠(みどり)を
確かめる私でしたが
あなたに出会えない寂しさに
胸は痛んでいました





 どのような日々を
 くぐりぬけて
 あなたはそんなにも
 変身したのでしょう



それはまちがいなく
あなたでした
あの華やかさをすっかり失い
やわらかな優しさだけを身にまとい
貧しく佇んでいたのは



その質素な姿の内に
隠されたほのかな光に
私がやっと気づいた時
あなたは風の中で
別れを告げたのですね

はかなく小さなものに
生のすべてを分散させて
あなたは遠く遥かな空へ
旅立ったのでした




 やがて再び
 天上の光を
 地にもたらす
 日のために










                             .
 
    (晶) 蒲公英の詩です。
今日の散歩で、もう綿坊主を見たのですよ。

spring has come、そちらの春はどうですか?
 

何年か振りに絵葉書

 投稿者:  投稿日:2013年 5月 4日(土)20時25分31秒
  あなたの書いた物を読んだ後だったから、
本来ならば、違う色なのに、
今の私には、淡いクリーム色が覆った様に感じた。

spring has come!

それだけの行なのに、開いて居た年月が長かった分・・・
なのかどうか?
私の中で『どうしてますか?』懐かしさの言葉を言って居た。


心の中に住む友達がいる人は、恐れる感情は持たないかも。
人は、孤独に成りたく無くて自分の本当の気持ちを変えたりしながら、
生きるでしょ?
それが出来なくて、孤独を選ぶ。

飲み友達、スポーツ友達、趣味友達・・・
なんでもいいけど、友達と名のつく限りは心の中も友達で有りたい。
友達・・・その心が無い人とは行動して居ても楽しくないの。


お友達をたくさん作りましょう!
お友達は財産です!
これって私には疲れる教えです(笑)

そう思えた時期も有りましたよ。
でも、どんどん違う。

ヒオキ君の存在が心に在るあなたに 私も成りたいです(^^)

とても羨ましい(*^^*)
ヒオキ君も羨ましい(*^^*)









 
    (晶) 色でたとえるなら、空の色、風の色、清流のせせらぎの色かな…

 

ある親友

 投稿者:  投稿日:2013年 5月 1日(水)00時36分12秒
                      .


  Ⅰ 彼



味噌っかすの子でありました

家での安らぎの場所は押入れの暗闇
たいていそこで うつらうつらと

青空と雲
黄昏の風と 夕焼け
を眺めているのがいちばん好き

 少年時代
 その寂しさこそが
 自分自身でもあったような

家庭内の異邦人
親兄弟と心が通じない

ほしかったのは真の親友のみ
身を切る孤独を
彷徨い 彷徨い
その蒼さの窮みの思春期
ついに得られた友

彼は肉親以上に大切な存在になりました


 故郷の 林や里山 川や湖の畔
 日々 時を忘れて散策し
 語り来たり 語り行き
 語りきり 語り尽くし
 ついに 言葉とは
 語る必要がなくなるために
 あるのを 知った


 何も話さないでいられる
 無窮の安心・・・
 冬も春も夏も秋も

 私たちは
 透明な空気そのものとなって
 澄みきった季節のなかを
 歩き
 さまよい
 ただよった



その数年間の交友のもたらした
寂静の安らぎこそ
その後の私のすべてを支える
根源となったのでした








  Ⅱ 公孫樹(いちょう)



古寺の屋根を ながめながら
青空に屹立する 金色の樹にもたれ
確実にやって来る君を
待つ 時 を愉しむ

樹に群がりふるえる 黄金の鳥たち

ふいに君は姿を現す
一陣の強風に
鳥たちは舞いたち 舞い上がる
樹から 地から 渦となり
金のすじとなって 蒼空の彼方へ

思わず空の果てを見つめる
たがいの姿に

 僕たちは
 微笑む








  Ⅲ ある親友


暗闇の狭間を
久しく辿って
赤茶けた岩山の
荒野に出たときも

シレーヌのような
砂嵐が襲う
遺跡の都を
過ぎたときも

灼熱の
火炎の中を
翼を燃やしながら
くぐり抜けたときも

凍てつく孤独とともに
蒼い氷山の内に
みじめに閉じ込められていたときも


いつもいつも
僕は君への手紙を書き続けていたよ

いつもいつも
僕は君への手紙を書き続けていたよ


決して投函されることのなかったそれら

君への手紙を書き続けること
そしてそれを自分の中に封じ続けること
それがぼくを僕の崩壊から守ってくれた



ぼくの中のポストは
小さなブラックホールだ
でもそれは宇宙のどこかで
微かなホワイトホールとなって
きっと輝きを吐き出し続けていると
いつもぼくは想像する



こんなに永い間
親友の君に会わないでも
耐えていられるのは

こんな理由からだよ








                         .
 

小雨の日でありました

 投稿者:  投稿日:2013年 4月30日(火)23時48分24秒
  今日は,朝からパリの花の番組。

終わって,録画してあった海外のカラスの番組。
地球上で,人間を外した中で一番頭がいいのはカラス---
頭が良いのは知っていたけれど、一番とは知らなかった---

私に懐いていたカラスさんは、今はどこかなぁ?


ヒオキ君とは何を話したの?
勿論何も話さなくてもって関係なのは---
そんな言葉が次に来る雰囲気だったろうとは,わかるけど---

そうね--例えば何色に例えられますか?
 

2月でしたか?ヒオキ君の絵観ましたよ、告げたでしょ(笑)

 投稿者:  投稿日:2013年 4月26日(金)00時18分37秒
  私は友達に絵を描くことは有っても、反対は無いから、ヒオキ君の絵が宝物に思えた。

やはり彼女に会いたい。
私 待ちぼうけさせてしまって…気付いたときは間に合わなく、二人に再会の流れは二度と来ない状況のまま…。
彼女待っていただろうなあ、想像の中の彼女の肩を落とした背中が、今も苦しい。
自分より私…その思いで居てくれてたこと。
私は宝物を落としたまま拾わずに進んでしまった。
探す時間も拾わなかった。
まだ間に合ったかもしれない。
私はこれからずっと、忘れて居た友情を思い出したままで進んでしまうのね。
たまに、月をみる私に成りたいわ…(笑)
 
    (晶) えへ、覚えていてくれていたんですね。
ほら、何度でもアピールしたいこと、ってあるでしょ。
 

凄い心。

 投稿者:  投稿日:2013年 4月25日(木)21時32分30秒
  会わずとも、長いことこれからもずっと、彼からの守りを胸におく。

心に月が在る人。
 
    (晶)  パソコンで見ていただければ、この掲示板の
タイトルバックの絵が見えると思います。
 その親友の、中3の時の作品です。
 

「懐かしい人たち」

 投稿者:  投稿日:2013年 4月22日(月)21時36分36秒
  羨ましい時間を過ごされましたね。

懐かしいと言う言葉には、人々や出来事が現れて来ます。
偶然にも、少し前から会いたい人が居て考えています。
名前しか思い出せる事が無くて・・・もう結婚して居たら苗字も変わってる。
今の時代、名前だけでは探し出せないでしょ ?
会いたいなぁ~

今朝は、友人からショッピングのお誘いメール。
朝から陽が照って居て気分が良くて即決。


「太陽と月   どちらが好き ?」

二人で煮詰め突き詰め・・・有意義な会話になりましたよ。


つきがみてる・・・

詩を朗読してあげました(笑)

太陽の中でも、彼女に月は沁みたようです。


 
    (晶)  人間関係では疲労しやすい私ですので、ただただ心安らぐ相手
というのは一人しかいません。
 その最も古い親友は、遠方にあり、数年に1度ぐらいしか会え
ないのです…


 孤独のうちに自分を癒すことが多いので、のんびりした静かな時間は、
私にはとても大切なのです。
 そんな心を支えてくれているのが、いつもあの親友の存在。
彼が故郷で生きていてくれているということなのです。
 

文字数のこと 有り難うございました。

 投稿者:  投稿日:2013年 4月21日(日)00時21分29秒
  春は春はと待ち望む庶民達の願い虚しく またもや霰と霙。
雪を見ながらソフトクリームを食べるような夏になるのかも。

名探偵コナンは、知っていますか?
劇場版のが大人も子供も観る前から笑顔で出かけて行きます。
幸せな顔は、どなた様のものでも宜しゅうございます。
私は コナンを観るのは初めてです。
友人の、主題歌を聴いて感極まる姿に鑑賞を引き出されました。
実に羨ましい・・・幸せが胸の中にあるのは春のおくれのなかでも
喜びの思いに温められているでしょうから。


土曜の夜は、気持ちが穏やかです。
お休みに続く日の夜だから。

今日も、明日もお休みですか?
明日の空は、お散歩が出来そうですか?
 
    (晶) 土曜の夜は、懐かしい人々との飲み会があり、深夜に帰宅しました。
今日は昼すぎから夜の10時まで来客があり、今暇になりました。
こちらのほうも2日続きで冬のような寒さで小雨も降り、日中も短い
散歩しかできませんでした。

暖かい春の日ざしを浴びて、のんびりと過ごしたいものです。
 

あら?消しましたね。

 投稿者:  投稿日:2013年 4月14日(日)23時30分5秒
  春を通り越し、もう夏ですか?



ぼくがつきをみると
                    つきもぼくをみる
かみさまつきをおまもりください
                    かみさまぼくをおまもりください



詠みました。

決して手直しではありませんので、ただ頭に浮かんだ言の葉です(笑)


ぼくがつきをみると
               つきもぼくをみる
かみさまつきをおまもりください
                    かみさまぼくをおまもりください
                                      ゆうきはじぶんでおこします


私はこの詩を、どう感じたのでしょうね?
 
    (晶) 読みにくいままなのかどうか判断がつかなくて、
しばらく様子をみていたのですが、やはり長すぎたのかな、
と思いまして、消したのではなく、非表示にしてみただけだったのですが…

こちらは日が変わるたびに、10度近く気温の変動があったりしています。
初夏の一日の翌日は初春の一日だったりで、なかなか衣替えができません。
 

「マザーグースのうた」から

 投稿者:  投稿日:2013年 4月 6日(土)10時36分24秒
編集済
             .

ぼくがつきをみると
   つきもぼくをみる
  かみさまつきをおまもりください
    かみさまぼくをおまもりください
                       (谷川俊太郎 訳)

 「一人の人間の命は、地球より思い。」という言葉もあるのに、人
間の価値を常に相対化させる慌ただしくも恐ろしい競争社会の中で、
ついつい「自己」や「他者」や「世界」の存在意義を見失いそうにな
るとき、「自己」の本来性を取り戻させてくれる祈りにも似た救いの
詩が、私にとっては上記の詩である。このまことに平易で心優しい詩
は、その本来の意味についての複雑な問題を最初から越えて、私に深
い示唆を与える。

 「ぼく」がつきを見ることを通して「つき」は存在する。とすると
「ぼく」の存在もまた「ぼく」をみる他者によって可能になっている
はずだ。世界がかけがえもなく美しいとき、それを成り立たせている
我々の生命もまたかけがえがない。われわれのかけがえのなさが守ら
れるためには、世界のかけがえのなさも守られなければならない。驚
くほど深い智慧が、こんなにもやさしい表現の中にこめられている。
 世界を、他者を、愛することは、自己を愛することなのだ。

 われわれが、このような他者のかけがえのなさを気にしなくなった
のは、いつの時代からなのだろう。いや問題の恐ろしい本質は、時代
を越えて、かけがえのない他者の生命を犠牲にしてはじめて成り立つ
われわれの生の本質に至るのかもしれない。宮澤賢治の『よだかの星』
の中で、夜鷹は数知れぬ羽虫を飲み込みながら、その罪深さに涙を流
す。「神様……」………。

 「神が存在しなかったら、人間は神を発明したであろう。」と言っ
たのはドストエフスキ-だったろうか。神の親である偉大な存在は、
あるいは人間かもしれない。我々の知覚の中にはじめて月が存在する
ように、我々の思いやりの心と生の悲しみの中に、はじめて神は存在
するのかもしれない。仏教で言う「あまねく世界に偏在する仏性」の
『慈悲』も、案外そんな意味であったように思う。






 

iーpadno

 投稿者:  投稿日:2013年 4月 5日(金)22時46分14秒
  とても小さい文字なので、大きくすると画面を上に下に、右に左に移動せねばなりませぬ。
PCでは有り得ないことが、何故にこの不便を改善せぬまま世に出したのでしょうね。
移動できる事を自慢(苦笑)の一つにして居るなら・・・おバカです。
そこでお願いが有ります。
そう、画面移動をしなくて済む様に   文字数を今までの半分にして書いてください。
そうしてくださると、とても助かります(o^^o)


民主主義。

これを理解している日本国民は、果たしてどの位居るでしょうね ?

洗脳も 無い、マインドコントロールでも無く敬える存在は在りますか ?




目に見えて雪解けが進んでいます。
庭の半分は土が見えて、少し春(笑)





思い出したことが有るの
春に出会った人


いつの間にか音信不通に成って居た

なんの音も聞こえず時も動かず存在を忘れて居た

へぇーって今頃驚いている私(笑)



現実の中にも幻は たくさん有るのね

・・・妙に納得。







 
    (晶) 信じられないかもしれませんが、
パソコンは4台も持っているのに、
いまだに携帯を所持したことがないので、
これがどのように表示されているのか、
実はまるで分らないのですが、たぶん
総字数の多さが問題なのではなく、
一行の長さではないのかと推測し、
このように表記してみましたが、
これだとどうなんでしょうか。

無宗教ですが、釈迦もキリストも好きですよ。
孔子も孟子も。
次回あたりから、私めのやや宗教的な作品を
掲載してみましょう。
 

署名させて頂きました。

 投稿者:  投稿日:2013年 4月 4日(木)23時53分50秒
  数年前にも、そこで生まれた女性は幼き頃に女性を表す箇所を抉り取られてしまう。
そんな、文化の低い国が在りまして、
それも、他国の手が入りその低い文化は、
打ち砕かれました。
意味が無い処か、無知が編み出す軽薄な思考で、
成ってはならない躰にされてしまいました。

無知を見て見ない人間に成ってはならない!



今日は疲れました。
それぞれ、別件で数名の方とお会いして、
この時間でも、頭の中は仕事中みたいな。
上質な睡眠は望めませんが、
明日のために眠りに就いてみます。

もう寝た?
仕事に追われて居たのだから良い眠りに就いてくださいね。
おやすみなさい。
 
    (晶) 署名ありがとうございました。
疲れが出たのか、一日中体がだるくてやたら眠いです。

民主主義先進国を自負する米国で、人種や宗教・性・出身国による差別を禁止する公民権法案が成立したのは、1964年。なんという歴史の浅さでしょう。
世界中の動きを見てると、民主主義も人類にとってはまだまだずいぶんと先の長い未完のプロジェクトだなあと思わずにはいられません。
動物達にまで届くような雀さんの視野ほどではなくても、せめて、男も女もなく、大人も子供もなく、皇族もホームレスもなく、すべての人間が平等に尊重されるという民主主義の基本が、すべての人類に共有される日に向かう方向だけは見失わないように、生きていきたいです。
 

お仕事お疲れ様でした。

 投稿者:  投稿日:2013年 4月 3日(水)20時25分20秒
  頑張る気持ちが強くても、強ければ強いほど気持ちは潰される。

アホのように自分以外に起きていることは無関係とばかりに、
私たちの言葉に、口に手を押し当て黙らせ、自分の遊びに惚ける人達。
その人の人生だから罵ることはしないけど、軽蔑心に吐き気を催す。
この人たちを見ていると、他人のことでこんなに憤りを感じる自分は異常なのか ?
と、深く落ち込む。
自分が人間であることが、とてもとても厭になる事がある。


行動してくれてるんだね。
忘れてないんだね。

この話を嫌がらずにしてくれるんだね。
心にお湯を注がれたみたい…温かい(笑)

原発に限らず、法律も、犯罪も私には他人事と思えることは無い。
生きづらい(笑)




毎日吹雪く時間は続いてるけど、景色が見えて来たので確実に春は来てる。
今年の春一番の楽しみは、つくし(笑)
皇后様が、ご皇居でつくしをお摘みになり、つくし御膳に致しましょうと、
あの数年前の映像が浮かびました^ ^
素朴な幸せ。
平等な春の幸せ。





 
    (晶) とにかく、せめてぼちぼちと息長く、というのがいいのだろうと思います。

最近では、以下の様なものもありました。http://www.avaaz.org/jp/maldives_global/?tlxQlcb 
 

やっと

 投稿者:  投稿日:2013年 4月 2日(火)18時20分53秒
編集済
   今やっと、最後の仕事を送信して、一応終了しました。

 チェルノブイリの後、貧乏なのに40万もはたいて東電株主になって、配当金も全部寄付して参加していた脱原発株主運動でしたが、そこで警鐘を鳴らし続けていたことが本当に現実になってしまったことの驚きと衝撃、徒労感と無力感などに打ちのめされて、かなりの無気力状態なっていたのを、気力を振り絞るように、国会前デモに毎週のように出かけていましたが、再稼動を促す大飯の人々、対岸の北海道の人々の大反対にもかかわらず原発建設を求めた大間の人々、こういう動きを見るだけでも、結構同じ日本人なのにという意識が強いのか、かなり精神的にダメージを受け、脱力感・厭世感に陥ってしまうのですよ、私めは。

 しかし何より決定的にほとんどトドメのように深く効いたのが、原発建設を拡大し続けてきた自民党の大勝とその後の高支持率ですね。現憲法も、もはや風前の灯ですので、参議院選に向かってアクションを起こさなければならないとは思っているのですが、教育基本法のときも連日のように国会前デモに参加し、もはや焼身自殺でもしなければこの動きは止められないかも、などと想像したことさえあったほどでしたが、けっきょく改悪されてしまいました。

 僕の超過激な行動の可能性のブレーキになってくれているのが、この無力感・厭世感なのですから、脱力状態もしょうがないといえばしょうがないものでしょう。忙しさも結構逃避行動の一種かも。

 まあ、微力ながらも、無理でない範囲で、息長くぼちぼち行動する、これがこの日本における常に少数派であっても民主的主体ではありたいと願っている小さな人が、唯一見出している行動のパターンなのですよ。

 これが大多数になれば政治も社会も動くはずなんだけど、といつも夢見てはいますけどね。



 日曜日、犬の散歩のついでにツクシやワラビを採りました。

 こちらではツクシはもう最晩期といった状態でしたが、競争相手もいないようなので、1/50ぐらいしかないような良いものだけを摘みましたが、それでも結構な量になり、美味しくいただきました。

 今度行ったら1/200ぐらいで、10本も取れれば上出来といったところでしょう。












 

来ない春

 投稿者:  投稿日:2013年 3月28日(木)20時51分27秒
  と書いてから、4日目の今日は解け雪の垂れが今まだ音を立てて屋根から落ちてます。

あと半月 !
あと半月でたぶん春 (^^)

雪が解けて 地面に春を感じる時には、いつも解放感で幸せ感じる。
子供の頃から同じ解放感。
伸びる  伸びる  伸びる両手を高く広げて私は伸びる。
生きてる息吹感じるのは  幸せ。




忙しいのですね。

忙しい人を想像してみる…資料に手を伸ばす
ページを捲る…

その人の思考を覗いて見る…
静かな時間の中のその人に、確かな存在が見えた。


 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 3月24日(日)19時26分45秒
  待てど暮らせど来ぬ人を・・・^_^
大好きな想いなんですこれ(笑)
今、CMで流れている《赤き唇 褪せぬ間に》も、調べて見ました。
昔の人は情緒の表現が繊細で狂おしく成ります(笑)

ま、待てど暮らせど来ない春です。
毎日の吹雪です。
降る時間は短く成りましたが、遠出の移動は列車を使います。


お仕事は、順調ですか?

脱原発のデモ参加。
この時の志は消えてはいませんか?
かなりの数字で、震災も脱原発も過去になっている人が調査で判りましたね。
やっぱりなぁ~絶対こうなる(笑)

芸能界では、何かの折に脱原発のメッセージを送り続けてくれて居るのに、その行いをそこまで目立ちたいのかとか言うバカな一般人も多数。
自分がしない出来ない人間なのだから、せめてしてくださる方々に感謝できないものでしょうか・・という事を、口に出して言うようにして居ます(笑)

辛いことは、忘れた方が楽だけど忘れるばかりを選んだら魂の退化が進むだけ。


なんてね(笑)
書きたいままに書きました。





梅や桜の話題が、テレビで放映されるようになりましたね。
庭の一番咲きは何?
 
    (晶) 今が一番の地獄的多忙。あと1週間か。
お待ちください。
 

銀色の途

 投稿者:  投稿日:2013年 3月 9日(土)11時38分8秒
編集済
                          .

目覚めのあと 君は ポケットに
物語を入れて 歩き出す

星達がかすれてゆく
夜明けの波が
足跡を消す前に

渚でひろった卵の殻を
見つめても
思い出せない家路


 手をのばして
 誰のせいでもないのだよ

 私でない私が生きている
 それが私なのだから

 君でない君を 君として
 そっと抱きしめること
  それは ・・・


暗喩のページを 開いても
見出せないものを
春の気配が広がる
曙の空に
さがしている









                                             06'3初出
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 3月 8日(金)21時00分6秒
  9名もの尊い命が奪われた今冬で有りました。
春が近いこの最後の大雪の暴れに抗うことが出来なかった。
空にも海にも山にも人は教わることが多々有りますね。

そんな雪が解けて、春が見える頃に、また来て見ます。


お仕事、頑張って下さいね。


 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 3月 5日(火)20時05分52秒
  透明を光らせて薄青の空が今だけを見てる
何も無かったのだ空にすれば

昨日も今日も明日も無い
空は一瞬の    この一瞬を創り上げるだけ

心をとどまらせてはいけない  何があっても


空は   それを教えるのだ
 
    (晶) 超多忙になってきました。あと1月は続くでしょう。

登場テンポを遅らせます。悪しからずご了解ください。
 

夜の窓から

 投稿者:  投稿日:2013年 3月 4日(月)23時59分10秒
                                    .



夜の窓に遠く
過ぎる電車を
手のひらにのせる

人気の少ない座席に
ごとごとと震えながら
閉ざされたあなたの
かなしみは 何処へ行くの

私の身体は
透き通り 夜空に広がる

先回りをし 走る電車を
そっと包んでみるのだが
小さな窓を覗いてみるのだが

川面に映る電車の灯
揺れる走馬灯

おねむり おねむり
おおきすぎるものにも
きっと 気づくから



  また であったね
  おおきいのもいいけど
  僕らの身体は
  星空に透けて
  すかすかだよ

  梅の香が残っている
  桃も桜も咲きはじめた

  今夜は 獅子座のデネボラから
  乙女座のスピカを経て
  春の大曲線をたどりながら
  アークトゥルスの方へ
  向かってみないか

  おや
  きみの手は
  不思議に 温かい










                                   06'3初出  
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 3月 4日(月)22時29分42秒
  朝がくる前に目が覚めてしまう時
メール着信ランプが重くゆっくり点滅を繰り返していたら
微睡が膨らんで眠りに入る


だれか起きて居ない?
なんて訊かれたら…孤独(?)が消えてしまいそう(^ ^)
 

嵐は 春の…

 投稿者:  投稿日:2013年 3月 4日(月)00時03分0秒
編集済
                        .


激しい風もやんでしまえば
ほっこりほっこり 春の夜空
 過ぎ去ってから わかること
 あれはやはり春の嵐だったのか
 冬のルシフェルも 今はまどろみの中
 しばらくは 静かだろう

両性具有の御使いが
剣を収めて 微笑んで
銀に輝く粉撒けば
ああ 春の星座

さて狂乱の一幕物も 終ったようだし
春のピエロのおいらの出番
ひょっこりひょっこり
星の夜空で 綱渡り
空中ブランコ 宙返り

 あれは スピカで乙女座か
 アークトゥスは牛飼い座
 デネボラとレグルスは 獅子座かな
 白鳥と白ウサギ座は何処?

ほお~い ほお~い
だれか おきてはいないのかあ~

地上に 静かな湖は
今宵の星座を映してる

雲のような残雪も見えるが
漂う香りは梅の花
地の星のように咲いている

明日はきっと陽をあびて
土手の土筆も 顔を出すだろう










                            06'2初出
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 3月 3日(日)18時49分38秒
  マトリョーシュカが沢山(笑)
柄は違うけど、形と目は同じと記憶している。
見せてくださり有り難う。
2体のお人形は、作家の方のお名前は判りますか?
とても素敵なお人形です。


小さな幸せ。
なんの罪もないもの・・・
壊されてしまう平和(泣)
守りたいのに、向かいたいのに無力な私。
幸せなものを見ると永遠であって欲しいと願う、
願いながら その永遠が信じられなくて不安になってしまう。


人は優しいものだと    信じる気持ちが何かに覆われてしまった。
(忘れてね、呟いただけだから)

 
    (晶) 2体とも総皮造りで、男の子はピエロです。高価なものと思いますが、いただいたのが若いころで人形自体はすごく気に入ったのですが、人形作者ということに関心がなく作者名には思い至りませんでした。

永遠なるもの(神)は、永遠なることに倦み果てて、はかなく小さき者のささやかな幸せの輝きに、あこがれるだろう、というのが私の考えです。
 

お雛さま&マトリョーシュカ

 投稿者:  投稿日:2013年 3月 3日(日)11時53分44秒
  今年の雛祭りです  

星月夜のビーバー

 投稿者:  投稿日:2013年 3月 3日(日)00時55分59秒
                                     .


ふるふると
ふるるふるると
ふるものにさらされ
森は輝いているのでありました


君は小さな家の屋根に立ち
眼を細め わずかに首を伸ばし
しばらくは光の匂いを
嗅いでいるのでありました


ふるるふるるとふるものに煌く
森の湖水の小さな島に
ねむる幸せ


藍のかなたから
星々のかなたから
ふるふるとふりつづけるものは


永遠に倦み果てて
あこがれつづけたもののうえに
小さなしあわせのうえに


ただただ
ふるるふるふると
ふりつづけているのでありました










                                     06'11
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 3月 2日(土)21時50分11秒
  学生の頃?
社会人になった頃?
それ、触りました。

ポコンと外したら中からまた同じ少女?
頭にはスカーフ?
木製でハッキリした絵柄。
多分それ。
ここで名前が判るとは  なんて素敵なことでしょう!

友人のお母様の物だったような……………
彼女に手紙を書きたくなりました(笑)
あぁ!
進学のお祝いに渡された万年筆を使いたくなりました(笑)
使うことは  めっきり減りましたが、とても大事な代物(笑)です。

春風の緑を流すように 文字をしたためてみましょう*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



今まで見ることが出来なかったヒオキ君の絵  見ることが出来ました。

 
    (晶) 彼からもらったこの絵は、僕の最も大切な宝物の一つです。

中3の時の作品ですが、彼の心の自画像でしょう。



                  .
 

私のマトリョーシュカ

 投稿者:  投稿日:2013年 3月 2日(土)20時57分0秒
                       .



多重の自我の
小箱たち
幾重にも
蓋われた 郷愁

 霧雨の中で
 冷たく濡れていた
 かなしみも

 木枯らしの中
 いくつもに分裂しながら
 泣き叫んでいた
 さびしさも

 闇色の箱の片隅には
 引き裂かれた思いの
 切れはしも

あの日の約束は
砂浜に置き去りにされた
 あの日の約束は
 虹の橋

 通り過ぎる
 温かい雨のなかを
 遠ざかっていったね


  真夜中に 大切な
  おもちゃ箱を開けたように
  記憶を辿っているのかい


さあ さあ
もうおやすみ
マトリョーシュカ
いちまい また いちまいと
まどろみのベールを
かけてあげるから


 深いねむりのむこうに
 春は近づいているから










*註(マトリョーシュカは、ロシアの木製の人形。胴体の部分で上下に分割でき、中には少し小さい人形が入っている。これが何回か繰り返される入れ子構造になっている。入れ子にするため手は無く、六重以上の入れ子である場合が多い。)





                        07'1
 

おもいで

 投稿者:  投稿日:2013年 3月 2日(土)16時53分48秒
  子供の頃の思い出は、水溜まりとしゃぼん玉。

あめあめふれふれかあさんが…この歌が大好きだった。
幼稚園までは母に手を引かれ行ったけど、
小学生になると ひとりで登校ひとりで下校。
一年生の成り立て、初めて傘を持たされた時、
少し緊張した。


授業が終わる頃には雨は止み、すっかり傘の存在は忘れて外に出た。

水溜りがたくさん出来ていて靴は長靴だしなんのためらいもなくひとつひとつ水溜りの寄り道。
覗き込んだり、ジャブジャブしたり。

遅くなっている私を母が心配しお迎えに。
母の姿が嬉しかった。
抱きつく私に   「傘は?」
見上げた私は    「あっ忘れちゃった!」



みずたまり。
あの頃の みずたまりさんにお礼が言いたくなりました。

懐かしいなぁ~

とても懐かしい。

 
    (晶) 私たちは中にいろいろなものを包みこんでいるのですね。

懐かしいことを思いおこすことに、お役にたてたようでうれしいです。



 

小さな水たまり

 投稿者:  投稿日:2013年 2月28日(木)19時26分15秒
                                          .


小さな水たまりは

はしゃぐ子供達の
泥足を受け入れて
玩具である自分が
うれしかった

何台もの車が走りすぎ
ひどくハネをとばすたび
嫌われている自分が
かなしかった

行きすぎる雲を映して
鏡のような自分を知った

雲からの雨滴を受けとめて
そうか 楽器でもあったのか

やがて静かに雨が降ってくると
もう波紋は数え切れない
ああぼくは パーティー会場だ

雨がやみ 黄昏
夕焼けに彩られた空に
一番星を 映し


ああ なんて綺麗な星空
私のなかに!



 かみさま
 今日一日のすべてを
 感謝します









                                     05'10初出
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 2月28日(木)15時36分38秒
  駄菓子が  ザクザクと宝石に成るなんてスゴ~イ(笑)楽しい(((o(*゚▽゚*)o)))


音が聞こえるような目まぐるしい展開のあとに満天の星……………


嗚呼……満天の星
 
    (晶) 楽しんでいただけたようで、すごくうれしいです。  

黄昏アラベスク

 投稿者:  投稿日:2013年 2月27日(水)20時19分19秒
編集済
                            .


黄昏時に 影が伸び
逢魔が時に まどろむと
冷たい風にさらされた

まかりいでたる 紅マント
不気味に微笑む白面に
口をふさがれ さらわれて
茜の空に 舞い上がる

夕焼け雲か 蜃気楼
ピンクに輝く タージ マハル
ときめく調べに 誘われて
扉を開けると あら不思議
大サーカスの真っ盛り

白いピエロが 七人も
楽器を奏でて 踊り舞う
剣のお手玉 玉乗りに
火を噴く男に 綱渡り
空中ブランコ 曲馬乗り
猛獣使いの鞭が鳴り
ピエロの奏でる アラビアの
曲に合わせて ぴーひゅるる
虎にライオン 象に熊
絢爛豪華な 絹を着て
あやや おややと 踊りだす
背後の水面 盛り上がり
潮吹く鯨も 登場だ
空の轟音 驚けば
ゴリラの飛行機 宙返り

怪力男が鎖引き
駄菓子屋台が 舞台上
見慣れたお婆さん現れて
かぶりてぬぐい ほどいたら
この世のものとも思われぬ
なんてきれいな妖精か
屋台の駄菓子も いつのまに
ルビー サファイヤ エメラルド
オパール 真珠 金 ダイヤ
翡翠の杖が ひらめくと
宙に浮かんで 速さまし
至高の宝玉 惜しげなく
花火となって はじけ散る

すべての景色 色と成り
虹の形に 消えてゆく…


夕闇の風に さらされて
少年は目覚めた
耳に残る あの調べ
微かに空の彼方に漂って
少年は 丘を登る
走れ 走れ あの音が消えぬうち


丘の上で 見回しても
  何もない…
 いや 満天の !


 満天の 星空だ


   星空だ…










                                 06'1初出
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 2月26日(火)21時00分55秒
  白いフレァー……………



なるほど、やはり人の詩(こころ)は、無限なのだ。
自由なのだ。



キョウハ友人がきまして老いて来ている犬の話をして帰りました。
四日前にあった時より……人はこんなにヤツれるものなのか
動物はこんなに人を支えて居るのか一瞬にしてこんなにヤツレさせる程に


自分の時には見ることが出来なかった表情を彼女で知ることができました
私を慰めるのに彼女もまた重い気持ちを抱えてくれたことでしょう


キョウノ私はポロポロと泣きました



 
    (晶) このまま、引き続き掲載を続けましょう。  

あの頃の子供

 投稿者:  投稿日:2013年 2月26日(火)19時55分28秒
                          .



 『子供だったあの頃は
  あの頃の子供にきっとそっくりだったのだ、というか、
  いや…』


あの頃の子供は、近ごろの子供とはずいぶん違っていた。
産んだ僕が男なんだから、ま、当たり前か。
朝、やたら唇をなめてくるやつがいるので、よせやいと目を開けると、
平らになった腹の上にちょこんと座ってこちらを見ている
小さな女の子が、あの頃の子供だった。

どうせ幻覚だろうし、かまっていたら遅刻しちゃうし、さっさと朝の支度を済ませて
朝ごはんを食べていると、背中からよじ登って僕の首や頭に抱きついて遊ぶのだ。
可愛いので何か食べさせようとしても、一向にほしがる気配がない。
休んで一日付き合うかと一瞬切なく思ったのだが、
今日は大事なクライアントと外せない約束があるので、絶対に休めない日なのだ。
食べられそうなシリアルとかミルクの皿をテーブルに並べて、
おとなしくしておいでと言い聞かせて家を出た。

鍵をかけて小走りに駅に向かったのだが、
いつの間にか手をつないでついてきているではないか。
しょうがないので一緒に電車に乗ってしまったのだが、
明らかに他の誰にも見えていないようだ。
電車の中でも、僕の頭や首に抱きついてご機嫌に遊んでいる。

職場ではメタボな腹が急にすっきりしたので不思議がられたけど、
やはり誰にもあの頃の子供は見えないようだ。
こういうことを正直に周りに話す人がたまにいるみたいだけど、
僕は賢いので絶対に話さない。病院送りなんてとんでもない。
ところがクライアントにあった途端、姿を消した。
驚いたり探したりする余裕はないから、何事もなかったように対する。
(するとやっぱり幻覚だったのかなあ?)

超多忙な一日を終えて帰宅の途について急に気になってきたけど、
きょろきょろして挙動不審者に思われるのもまずい。

どきどきして玄関の扉を開けたが、いるはずはない。
ところが、庭のほうで気配がするので、あわてて覗いてみたら
バッタを追っかけているではないか。捕まえたのでやばいと思い、
「おいやめろ!」と声をかけたが、すっかり野生になったきらきらする目で、
こちらを見てずるそうににやっと笑って、とめるまもなく口に放り込んでしまった。
あわてて口をこじ開けようとしたら、もがいて引っ掻いたあげく、
ゴクンと飲み込んでしまった。どうしよう、医者に連れていくか、と思ったが、
こちらのほうの異常が疑われるにきまっているので、様子を見ることにした。

翌日からの3連休、結局何事もなく、いたって元気で戯れてくる。ゴキブリなんか食べると
やばいな、と思っていたのだが、それはなく、コオロギとかほかの昆虫も食べない。
精霊バッタしか食べないし、明け方の草の露しか飲まないようだ。
そのうちおなかを壊すから、頼むからやめてくれよ、と言ったら、
何とかシリアルだけは食べるようになってくれた。(メーカーは例のマークがついたやつ)

初めは首の上で寝ていたが、大きくなって今は胸の上で眠る。
朝は目覚ましみたいに、唇をなめて起こしてくれる。
トイレに入っても、風呂に入っても、ドアの前でちょこんと座って出てくるのを待っている。
誘っても風呂は嫌いみたいで絶対に入らないが、ちっとも汚れないし
薔薇の蕾の匂いしかしないので、そのままにしている。
風呂上りのゆであがった足が大好きで、なめたり抱きついたりするので、
「おいやめろよ」と言うと、噛んだりしてくる。
テレビや音楽に熱中していると棚の上のモノをわざと落とすし、
読んでいる本や新聞の上に座って妨害するし、長電話なんてとてもできない。
ひどく機嫌を悪くしてものをぶつけてくるのだ。



半年も一緒に生活していたら、なんかすっかり少女らしくなって、
白いフレアーのワンピースしか着ないけど、ほっそりとしてよく似合っている。
ふるまいも少しよそよそしくなった気がするが、まあ、これが成長ということだろう。
ふと
 『子供だったあの頃は
  あの頃の子供にきっとそっくりだったのだ、というか、
  いや、ひょっとして、あの頃そのものなのかもしれない じゃないのか…』
と、思ったとたん、こちらをちらっと向いて、さみしそうに笑ったと思ったら、
みるみる大きくなって、なつかしいあの頃の姿になって、その一瞬に消えていった…

ああいやだ、また置いておかないでくれ、と泣き叫んだが、
もう取り戻しようがないのは、わかっていて、一日中、涙が止まらなくなって


あの頃は あんなふうに戻ってくるんだ
子供だったあの頃を見せたくて
あの頃の子供 いや
子供だったあの頃さえ失ってしまった僕は
いったい何がいけなくて と思うと 訳がわからなくて
休みのたびに 一日考え続けて涙がとまらず
泣き疲れて眠ってしまうと
翌朝は不思議にすっかりすっきりして
意外に元気よく
職場へ向かえるのだった








                                09'1初出
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 2月26日(火)18時39分32秒
  自分の中の幸せ。
いつまでも大切に思える消えない幸せ。

幸せに変えられる力を見た(o^^o)  そんな気持ちになれました。


何事も、自分の思い一つですものね。

私は、そうできることには まだまだ時間が掛かるけれど(笑)


今日も雪が降りました
忘れていた思いが微かに過って行った気がしました
 

あの頃が来た

 投稿者:  投稿日:2013年 2月25日(月)19時47分30秒
編集済
       あの頃が来た


扉を開けると
土砂降りの雨の中に
あの頃が立っていた

あの頃とは違って見えたが
私には直感ですぐに解ったのだった

成熟した女性の姿のあの頃は
招き入れると ずぶ濡れのまま
私の胸に倒れこんできた

何枚ものバスタオル 熱い風呂
まっさらのシーツ まあとにかく今
あの頃は私のベットで寝ているのだった

あの頃は人間で女性だったんだ と言うと
人間じゃなかったけど 女性ではあったのよ
と答えて 寝てしまったのだった

どぎまぎしてしまうほど美しい身体をしているのに
あどけないほど安心しきった顔で寝入っているのはどうしたことだろう
ベッドの周りをぐるぐる回りながら あの頃のことばかり考えて暮らしていた日々に
どうして戻ってきてくれなかったんだよ なんで今更 等々とわめきたくもあったけど
結局 足音をしのばせて何度も 綺麗な寝顔に魅入るばかりであったのだった

目を覚ます気配もないまま 深夜になった
いろんなことを考えすぎて もう頭はごちゃごちゃだった
眠いし 寝るとこないし 添い寝しちゃうもんね
返事がないから 入っちゃった
肩を抱くと柔らかいし 髪は好い匂いがするし
おいおい あの頃に欲情するなんて 相当の変態じゃないのかなあ
窮鳥懐に入れば何とかかんとかとも言うしなア
煩悩やら理性はどうしたやら良心の呵責やらなんやら
あの頃の産む子供は今頃の子供になるんだろうか等
お馬鹿な頭はますます混乱が窮まり 疲れてちょっと瞑想と目をつぶったら
不覚にもそのまま 気持ちよく寝入ってしまった

あの頃の夢は バラ色だったり七色だったり
チョー幸せなものでありました

先に目を覚ましたのは私
肩を抱かれたまま健やかにまどろんでいるあの頃
もう嬉しくて思わずカーテンをあけると
朝の光の中に溶けこむように
消えていった



すっかり落ちこんだ数日が過ぎると
不思議に幸せな日々がやってきた
どうやら心の中に
あの頃の子供を宿したのは
私のほうであったらしい







                            05'11
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 2月25日(月)00時02分41秒
  唇に触れるのは100年我慢するから(笑)(o^^o)

雄の弱さでもあり、男児の可愛さでもあり、大人の男性の紳士さでもあり…

表した100年に100個の意味もありそうで、想像に暫し楽しませて頂きました。



春を待つのは無邪気な幼子か 或いは帰り来る恋人を待つ花の精?
窓灯りに放たれる白い輝きはとばりの中の夢遊び
花の精になりながらあなたを思う……………100個の中の  そのひとつの想い遊び
 
    (晶)  かっては多くの詩のサイトを運営し、多くの人が出入りしていたはずですが、今では私の作品の読者はあなた一人になってしまったようです。
すぐに反応がいただけて、本当にうれしいです。
 

青空に恋して

 投稿者:  投稿日:2013年 2月24日(日)17時36分1秒
編集済
     青空に恋して


岬の外れの
少しはなれた樹の陰から
長い髪に揺れながら
無防備な天使の仕草で
怪訝そうに私を見つめ返す
透き通る瞳の 青空

不安から覗き込んでも
君の背中に羽はない
薄い羽そのものでもあったね
うまくは言えないけど


 あなたはあなた
 それは
 その通りだと思う
 いつも そばに
 いてくれるなら
 それでいいもの


陽当たりが良すぎるのか
君は眩しすぎて

 春だね
 せめて その
 細い手を握ってもいいかい

 やわらかな唇に触れるのは
 あと
 百年は 我慢するから










                 (初出06'3/8)



 

勿論

 投稿者:  投稿日:2013年 2月24日(日)00時23分14秒
  誤解しました(笑)

たとえの流れに隠すように想いびとを意識する作者の心が流れ出てしまうような…
愛しみから浮かぶ気持ちには、やはり何某ら誤解してしまう春の浮かびを感じます(笑)


どうぞ、お書き下さいまし。
もう 良いなどと申すことはありませぬ(笑)

ねじ式クロネコるる、ぱみゅぱみゅが歌って踊っている そのものを感じました。
童話にして読みたいような。
ワクワクしました。
ふと、負けちゃいられないってクロネコちゃんの前向きさも感じました。
宝物にしたい上等の絵本を頂いた気持ちです。










 
    (晶) [ぱみゅぱみゅが歌って踊っている そのものを感じました]というのは最高にうれしいお言葉ですが、雀さんの感受性が素敵なのです。
「誰よりも君を愛す」は消しました。シュール性が薄いので。
 

夜と私

 投稿者:  投稿日:2013年 2月23日(土)22時53分27秒
編集済
   過去作ばかりで申し訳ありませんが、飽きた、もういいですと言われるまで、少し春めいた奇妙な詩を連続掲載していきたいと思います。実はけっこう自信作ばかりですので、気に入っていただけると嬉しいのですが。



   夜と私


夜がやって来た

挨拶がわりに
手元にあったまたたびをさしだすと
なんと 長い舌を出して べろっとなめ取った

裏返しになってよだれを流し
でろでろになったところを見ると
どうやら 夜は 猫科らしいのが知れた

しきりに もっとくれろと せがむので
そんなにだらしなく酔っぱらわれては 二度とあげられない
明晩 きちんと出直して来たら 少しだけなめさせてあげよう
と言ったら よたよたしながらひっこんで行った

翌晩 夜は 綺麗な黒猫の姿でやって来た
またたびをなめさせると ごろごろと気持ちよさそうに
身体をなすりつけてくるので しばらく撫でてやっていたら
やがて満足したのか ゆらゆらと 窓辺から姿を消した

夜はいったい何処で寝るのだろう
いや そもそも昼間は何をして 何を食べているのか
いろんなことが気になって 毎晩来るたびに聞いてみるのだが
夜は人間ではないし 僕ときたら 猫語でさえわからないものだから
疑問は増えるばっかしだった

つい おまえこんなに僕を悩ますばかりで いいと思っているのかと 責めたら
次からは 夜が去った窓辺に 頭の無い蛙や蜥蜴などが 置いてあるようになった
夜は意外に律儀な奴なのだった

こんなことが続くのが 我慢できなくなって
ちっとも嬉しくなんかないや それよりおまえの恋人でも見せてくれたらどうだい
なんて また きついことを言ってしまったものだ

夜は 黙ってしまい 恨めしそうな顔をすると
いきなり 突っ伏してしまった
そして うっう おっお と 声を抑えて
嗚咽(おえつ)しているのだった
えらいことになってしまったなあ と
驚くばかりで 慰めかねていると

いきなりあたりがまぶしい光に包まれて
その中に 一りんの白百合が咲いている風景が見えた
まばゆい光が凝縮していくと それは白い梟の姿になって
夜空に消えていった
夜も哀しみの 感情を湛えたまま 姿を消した

そうか あの夜の恋人は あるまばゆい朝 だったのか

あの夜は もう 二度とは帰って来なかった

夜にだってプライバシーはあるのだから
あんなことは聞いてはいけなかったのだ
夜は心が痛くて 毎晩僕のところに来ていたのだ
それが 今は切ないほどわかる

 遠い日のオパール色の憧れ
 あの白梟は 私の妖精に
 不思議に似ていた






               初出05’10





  
 

生まれて初めての感覚

 投稿者:  投稿日:2013年 2月22日(金)23時27分18秒
  ねじ式クロネコ   るる

どなたのですか?
あなた?

あなたは…………だあれ?
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 2月22日(金)21時19分31秒
  森田童子には、まるで記憶がありませんが、あがた森魚のアルバムは、遠藤賢司のに迫るぐらいに好きでしたよ。
もう体調はほぼ本調子です。

もともと派手なものも奇妙なものも好みの一つで、そんな作風の詩は結構あるのですが、春にふさわしそうなのを一つ選んで、以下に載せてみましょう。




   ねじ式クロネコ るる


るる は ねじ式
ぎこぎこ
いぜんは そうじゃなかった

いくない魔法使いめ
しどいめに あわせるじゃあにゃいか
ぎこんぎこん
鼻をかじったぐらいでなんだい

あたちはあきらめにゃいからね
ニャギャックリクリ
あんたの山高帽もステッキも
いつかは あたちのもんだ

町外れの路地裏で
レンガ造りの屋根の上で
アステアよりかっこいく
踊り回ってあげじゅから

だってあたちのセンスは抜群
クールな秘術で真っ直ぐ勝負
宇宙に魔法をかけてやでゅ
ぎこぎご
みんな春色ピンクに変えちゃうもんね

ふふん ああ たのしいにゃ
ネコは七生 いつかはかなう
今に見ていにゃ と想うだけで
この不自由なねじ式まで
楽しめちゃうにゃあ
とりあえじゅはこのままでもいいか
ぎっこんぎっこん

(じぶんで ねじ巻かなきゃにゃんないのは ちと めんどいでち)





       2006'2掲載
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 2月22日(金)11時46分20秒
  引っ込み打破で彼女自身世界観を体感しているのでしょうか?
素晴らしい事ですよね。
正直、ここに   ぱみゅぱみゅ登場は意外も意外です(笑)
趣向は、ひとつではないと改めて感じ入りました。

あがた森魚ってご存知ですか?

子供の頃に耳にして今も私の中で名曲です。
友人との会話の中で 今月話題になりまして、彼女は七歳の時に父親が買ってきたレコードを聴き、のめり込んだそうです。
七歳で入り込めることに私は彼女に途轍もない感性を感じました(笑)

先に彼女の方から森田童子の話になりまして、これも驚きでした。
森田童子は 遮断した向こう側に自分置ける唯一だからです。
こんなに長く付き合って居て、こんなに年月は流れて、今   あがた森魚   森田童子なんだぁ~(笑)

残念ながら、森田童子は全て廃盤になり私は一枚のCDしか手元に残すことしか出来ないんだなと最近知りました。
色々調べて見ましたが、森田童子の大ファンでも、全CDをお持ちの方は、そうは居ません様で。
でも、居るんでしょうね この世の中に全ての枚をお持ちの方…実に羨ましい(笑)

時代は変わり、その時その時の自分んの叫びたいことを世に出してくださるアーチストの方達の歌に、
涙してしまうことも(笑)
最近或るアーチストさんがカバーしてくださった曲、クロマニヨンの雷雨決行………沁みました~(笑)堪え切れず泣きました。
本物さんが歌うのも最高ですよ(モチロン)


私の痛みの方は引きました。
どうですか?本調子には、もうひと息ですか?


昨日、全国版で北海道の列車が雪に半分埋まり大豪雪を思わせる映像が流れたんですね(苦笑)
昨日から、今朝、雪の降らない地域の友からメールが入りました。

そうですね、北海道  昨年も今年も豪雪です。




 

幸福ホルモン

 投稿者:  投稿日:2013年 2月20日(水)22時41分42秒
編集済
  その後、大丈夫でしょうか?胃の痛みはストレスが原因であることが多いのですが、目まぐるしい映像の悪影響でなかったか、心配です。

ぱみゅぱみゅは、中学生までは、ひどく引っ込み思案で目立つのが嫌いな女の子だったそうで、今でもどこか傷つきやすい感性を抱えているような表情があって、そこも魅力の一つでしょうか。プロデューサーの中田ヤスタカとともに、ものすごい柔らか頭で発想する自由なセンスのチームの中心にいるようです。

あの永遠の春を思わせる明るさは、マンハッタトランスファーのアルバム、「カミングアウト」以来の衝撃でした。脳内幸福ホルモンのセロトニンやオキシトシンが、いっぱいに広がってゆくような感じがします。

もしお身体に差支えがなかったら、http://www.youtube.com/watch?v=WOC8k36xhqE もお薦めです。

管理人の一人になっているサイト http://8155.teacup.com/kurage/bbs への投稿記事の一つが、どうしたことか紛れ込んでしまったようで、ごめんなさい。迷惑なぐらいの長い文章のはずで、疲れの原因の一つにはなりませんでしたか。

どうかくれぐれもご無理なさらず、ご自愛くださいますように。
 

ぱみゅぱみゅ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪観ましたよ(^o^)

 投稿者:  投稿日:2013年 2月19日(火)11時39分47秒
  楽しいですね♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
物怖じのない感性が楽しいです。


いま、不思議な地球を観て居ました。
先日は 北海道の高山   ナキウサギを観ました。
山も海も植物、生き物たちの番組は好きです。
絵画も好きですし、画家の生涯を知るのも好きです。

どうしたものか、料理番組は   見ません。
チューボですよ、スマスマのゲスト次第で観ます。


先に、卒業式を待たずして去る教師のURLを載せてくださったのは晶さんですか?ですよね(笑)


昨夜、友人の胃痛メールに受け答えしておりましたら、それから間も無く自分もかなり胃激痛が始まり、
悲しきかな、一睡もできませんでした。
今朝も痛みが引いては寄せて、辛いです(苦笑)(泣)
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 2月16日(土)18時03分47秒
  片隅に(o^^o)     優しい時間の使い方ですね。


今日も、ヒヨドリが、一羽だけ。
昨日と同じヒヨドリさんだと思います(*^_^*)
スズメも沢山来ました。
二羽だけゴジュウカラでしょうか?必ず二羽だけです。


昨夜は降り続けたようで、朝は隣近所のご主人たちが雪はねに出ていました。
少し暖気だったようで、屋根から解けた雪が氷柱を伝い落ちて来てました。
見た目は   まだまだ真冬でも、少しづつ春は生まれているのでしょう。


観たり、聴いたりの番組は有りますか?




 
    (晶) NHK教育の、日曜美術館、スコラ・音楽の学校、美の壷、民放の美の巨人たち(BBC地球伝説も時々)、などは必ず録画しておくようにしています。
NHKの 世界遺産や、クローズアップ現代、などもよく見ています。お薦めはNHKBSプレミアムの新日本風土記です。すごくのんびりして落ち着きますよ。興味のある地方の時にしか見ないのですが、「尾道」の時など本当によくって、ああ住んでみたいなあ、としみじみ思わせてくれました。

最近、ネットのYouTubeのきゃりーぱみゅぱみゅの動画( http://www.youtube.com/watch?v=yzC4hFK5P3g )に変に感動しすっかりはまってしまいました。雀さんの目にはあまりにも派手でめまぐるしすぎるでしょうからお薦めはできませんが。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 2月15日(金)19時31分35秒
  ヒヨドリに追われる小鳥たち。
そんな日が続いていたので暫く小鳥たちの姿が見えませんでした。
お昼過ぎに何気に庭に目をやると、来て居ました\(^o^)/
ヒヨドリが1羽だけ来て居ましたが、小鳥たちは側まで行っていましたよ。
大群とまでは云いませんが、かなりの数でした。
久しぶりの小鳥たち、嬉しかったです。

今夜から大雪になるみたいなので、今が餌不足の時期と聞き、心配です。

なんとか、馴れないでしょうかね(^O^)
むかしむかしですが、野鳥の会の方と山に行き、手に餌を置きジッとして居たら鳥が飛んできました。
手の上で餌を食べるんです。
窓を開けたら鳥が来る、なんて夢見てます(笑)

今年は庭に向日葵を植えたいです。
向日葵は、実はあまり好きではないのですが、小鳥と向日葵の絵図、良いかな、なんて(笑)
向日葵の種類、じっくり見てみたらたくさん有りました。
一番美味しいのはどれだろう?なんて見てました(笑)

つくしも、選び方有るんですね~(^O^)当然ですけどね。
勉強になります。ありがとう。
ほんとうに、つくしの時期が楽しみです。

お雛様、今年は出掛ける時間が無くて来年は早めにお店に行く時間を作ります。
たくさん置いてあるお店に行きたいです。
ピピンとくるお顔に出会いたい(^-^)




 
    (晶) ヒヨドリがいるとほかの小鳥たちは近づきません。人間がいると、ヒヨドリは近づかず、小鳥たちは安心してリンゴをついばんでいます。
小鳥たちの食事が終わるまで、庭の片隅でしばらく眺めています。
向日葵の種は、ビタミンEが豊富で、血行にも健康にも、若返りにも良くておいしいですよね。

明るくやわらかな春が少しずつ近づいてきていて、なんだかすごくうれしいです。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 2月 8日(金)22時42分2秒
  贈り物のペア人形♪
素敵に響く。

大切に出来る物。
大切に思える物。
ず~っと、ず~っと♪
とても幸せになる話。


つくしの坊や♪後、4ヶ月かなあ…
楽しみ。
いつもと違う春。

 
    (晶) 待望の雪も、こちらでは雨にしかならず、職場の東京ではあんなに事前に大騒ぎしたのに、1~2センチほどの積雪で、すぐ消えました。
ぶり返した寒さの中でも、春は確実に近付いている気配なのですが、小鳥たちには今が一番餌もなくつらい季節。庭には、メジロやヒヨドリが頻繁に訪れてきますので、今日はリンゴを枝にさしておきました。

土筆は、長いものでは30センチ近くあるのに、カサは3つほどしかないものもありますので、お薦めです。頭部ははじけてないほうがほろ苦い味わいがあっておいしいのですが、茎の部分だけであっても、ややもやしみたいな感じもありますが、充分美味しいですよ。カサの多いものは、はじけていない頭部だけを摘まれてもいいでしょう。
うっかりするとのどに詰まりますので、長いものは10センチ程度に切ってから炒めた方がいいですよ。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 2月 5日(火)16時03分29秒
  吹雪も少し止み、また止み、晴れ間が出てきたので   リンゴとミカンと三種類の種を持ちイザ庭へ。
嬉しかな! ヒヨドリが二時間ほど寛いで行ってくれました♪───O(≧∇≦)O────♪
春になれば、小鳥の巣箱みたいな物を置くつもりです。
親戚の狭い庭の立ち並ぶ木の全てに巣箱を。
何十年も、雛が巣立つところを見られて羨ましくて仕方有りません(笑)



腰痛の番組を観た時に、原因が精神的なものと番組担当にあたった医師が申しておられました。
犬を飼う事で、その症状は軽減されて居りました。


つくしの坊やは、家の周りにたくさん生えますが、この場所の物でもいいものでしょうか?
つくしの、カサはどうします?あれを全て除くなら私には、無理です^^;

あっ       またヒヨドリが! (*^^*)


二月に成りまして、お雛様は飾られますか?

私は、今年は飾りたい気分です。
ミニミニミニお雛様とお内裏様が欲しいです。

暫くそんな気持ちも忘れていました。
チョット  頑張ってみましょうか(笑)




 
    (晶) 土筆のカサは取りますが、花粉のある頭部がはじけていない長いものでカサが少ないものを選んで10本ぐらい摘まれてはどうでしょうか。
充分に春の味覚が楽しめると思いますよ。家の周りに生えるのは幸いですね。のんびり日向ぼっこしながらでもおつみになられてはどうでしょうか。川の土手斜面などにはいっぱい生えてきますから、除草剤などが使われていないような場所を選び、私めはそよ風に吹かれながらそこでついでにカサを取って帰ります。

友人が革製の洋風な洒落れた少年少女のペアの人形を贈ってくれていまして、それが今もこちらを見つめています。まあ、年がら年中この二人はおひな様をやってるように見えます。

ちょっと頑張って、そばに春の花でも飾ってみると、きっと華やいでいい気分になれるかと思います。


明日は こちらの方でも 雪が降ってくるらしいです
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 2月 4日(月)18時14分11秒
  神経を傷めてしまったんですね、やはり普通の寝違いにしては重症を感じましたから、、、。

ふきのとう♪
北海道ではまだまだですよ、まだまだ吹雪真っ盛りです。
山菜の全盛期は6月?だと思います。
早くて5月でしょうが、、、山菜取りの名人の域月です。

ふきのとうは天ぷらが一番?
本当は、まだ料理法はあるのでしょうが頂くときに天ぷらで、と言われるので天ぷら以外では食べてないんですが^o^
フキも好き。
タラの芽も好き。
ウドも好き(笑)山菜は楽しいです♪
場所が判らないので取りに行くことは出来ないですが。


寝違いは、繰り返すみたいなので枕の高さとか、寝姿とか気を付けてくださいね。
 
    (晶) いつもながらのやさしい心配り、ありがとうございます。
「ためしてガッテン」によると、この種の痛みはストレスとも関係しているらしく、心のコントロールには自信があったのですが、仕事のストレスが無意識の底にたまっていたのだろうと思います。
お言葉のとおり、寝具とかには、今後とも注意したいと思います。

フキノトウは採れたてを、たっぷりの熱した油でさっと炒め、熱々なのに醤油をさっとかけ、炊き立てのごはんのおかずにして食べるのが、一番簡単でおいしいと思います。
卵とじなどにして好きではなかったツクシも、上記のフキノトウとまったく同じようにして食べるようになってから、本当においしくて、大好物になりました。

フキノトウの中からは春の香りが体の芯にまでいっぱいに広がり、至福の美味しさでした。
あとひと月ほどで、ツクシも頭を出し始めると思います。すごく楽しみです。
 

春めいてきましたね

 投稿者:  投稿日:2013年 2月 2日(土)20時12分50秒
  庭にフキノトウを10個ほど見つけました。
明朝、つみたてを食してみようと思っています。
暖冬の年には、12月末に食べた記憶もありますが、今年は平年並みなのでしょうか。

(左側の背中・肩・ひじの痛みはだいぶ良くなりました。MRI検査の結果で、やはり頚椎の神経を痛めたためだとわかりましたが、治療のしようはないそうで、今後も傷めないよう注意をするほかないようです。)

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20130128/242912/?rank_n

 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 2月 2日(土)11時42分43秒
  2月。

昨日の強風で
細き枯れ枝に下り積もった雪は吹かれ落とされ
今日の雨に湿りし枯れ木は尚姿現す

しかし、これからまた荒れに荒れ 雪の猛威を見せつけられるそうです(泣)

如何ですか?
結果、気になって居りますよ。
愛知の方から窓際に座ると汗ばむと。

暖など、程遠い寒さです(苦笑)
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 1月11日(金)22時36分58秒
  とても重症みたいで…気の毒です。

先月、テレビで健康体操番組。
真似してましたら…かなり長くギックリ腰に。
まだ少し本調子ではありません。
侮れませんね、筋違い。

 
    (晶) ありがとうございます、心配かけてすみません。あと2週間ほどはかかりそうな感じで、ゆっくりと改善しつつはあります。
頚椎の神経を痛めたことも考えられるそうで、来週の診断しだいで、MRIにかかるかもしれませんけど。
冬は無理せず静養せよ、という季節でもあるということなんでしょうね。雀さんもどうぞお大事に。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 1月 6日(日)13時09分43秒
  空間を見せない粉雪が
緻密な構図を作り上げて…
高級なレースのカーテンのサマ


寝違いの痛さは苦痛です。
下手したら首の寝違いから背中だけではなく、胸の方まで苦痛は広がります。
二週間で治るのが私の場合の寝違いですが…早く痛みが引きますように。
 
    (晶) ありがとうございます。すでに2週間、いまだに背中 肩 胸 腕 肘 小指と薬指の先まで痛くて、握力も戻りません。全部左上半身ですが、これでも最初の激痛の日々よりかなり良くなってきてはいますので、何とか仕事をこなしていますが、できる限りそっくり返るような姿勢をすることで、なんとか耐えています。。  

(無題)

 投稿者:  投稿日:2013年 1月 2日(水)15時38分17秒
  新年です。

昨日の朝、今朝と お雑煮。
お正月を感じます♪
好物は幸せ感じます♪

吹雪だらけの日々に 鳥たちも姿現さず、積もった雪が寒々。

お向かい宅の松の木…高い高い松の木。
雪が乗り、大きな とても大きな三本木。
これにイルミネーション巻いてくれたら 夜は素敵だろうなあ…

明日は ショッピング出掛けましょ♪
小さなケーキ買いましょ~♪
友達呼んで食べましょ~♪
笑ってお喋り、調子が出たら歌いましょう♪

ハミング♪
合わせてハミング ハミング♪
 
    (晶) あけましておめでとうございます。
年末に肩に激痛があり、CTスキャンまでかける精密検査の結果、単なる寝違いらしいということで、もうばかばかしいぐらいで一安心はしたものの、前かがみがひどい苦痛で、パソコンに向かう気も起きない状態ですので、あと1週間ほどは読ませていただくだけにいたします。ごめんなさい。しばらくお待ちくださいますように。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年12月28日(金)09時16分2秒
  憧れの大きなtree♪

或日、思い出のtreeを 辛さの余り捨てた

あれから21年…
今年は向き合うために買いに行ったtree…
一番大きなtreeを買おう!

決めて行ったのに 並ぶtreeを見たら…

一番小さなtreeしか手に取れなかった

いつか大きなtreeを買えるよう

そんな私を待ちたい。


以前の画像の時より仔猫さんたちは大きく成りましたね♪
見事に綺麗な飾り付けのtreeの周りに3匹が、とても良く似合う♪
幸せさん達ですね♪

今日、お正華を生けて新年の準備です。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ♪
 

Merry X'mas & Happy New Year

 投稿者:  投稿日:2012年12月25日(火)21時49分55秒
  24日にアップすればよかったのですが…  

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年12月 5日(水)23時24分26秒
  なんとまあ…名前は勘違いするわ、りんちゃんん男子と言うわ、ワヤワヤでスミマセン(泣)
写真は、亡くなった子とは理解してましたが、名前、ウーちゃんでしたか(ごめんなさいウーちゃん)

私は、長毛猫は育てたことが無いので残念な気持ちです。
拾った順番に、ジンタ  キョウタ  ユウコ(女子)  ヒロム  アキ。
今年の夏に、最後の猫ヒロムが亡くなりました。
まだまだ複雑な気持ちです。

九州の友達も、今年の夏に仔猫に死なれて今でも未だ涙が出る日があると言ってます。
人知れず…飼い主の これが気持ちだろうと理解できます。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年12月 5日(水)17時27分23秒
  スーちゃんと、カーテンがどちらも豪華で、宮殿に迷い混んだ様です(笑)

芝ちゃんは、男子ですよね?
首輪が青いから(笑)

メジロ…我が庭にも来ますでしょうか…全国に棲むみたいですが…見たことがありません。
ミカンの半分割切り、来週には刺せそうです…来てほしいな~♪


昨日は 雨でしたが、今日は 豪風と強風、そして雪がやんだり降ったり。
怖い日です。
野生の逞しさに恥ずかしくなり、逞しさに哀しくなり、愛おしいです。

80坪の庭は、全てフェインスで囲み犬達を自由にしてました。
その犬達も、次々と全うし、今年の夏に業者さんに、犬舎とフェインスの取り壊しをお願いしました。
なんとも言えない…身体中に穴が開き、風がヒュウヒュウと吹くような…辛く重い気持ちに成りました。
そこに小鳥達が集まってくれるのは、嬉しい♪
小人と歩く白雪姫みたいな(笑)庭に成って欲しい♪
 
    (晶) 写真の猫は、ウーで、15歳弱でこの夏に亡くなりました。前の写真がうまく載せられなかったので、改めてここに載せてみました。今の子猫のルカが、生まれ変わりかと思えるほどそっくりです。
捨て猫のスーは、生まれて10日ほどで拾った方から譲っていただいたのに、それから4日でまだ赤ちゃんだったのに亡くなってしまいました。
柴犬のリンは、なんとメスで確か11歳。時々首輪をひどく汚してしまう悪癖を持っているので、あの写真の時は、仕方なく猫のウー(オス)の予備の首輪を臨時でつけていたのだと思います。
リンも庭に放し飼いですが、何の用もないはずなのに庭が家の周りをほぼ一周できるようになっているせいで、何の事件なのか、しょっちゅう「御用だ!御用だ!」という感じで走り回っています。最近はそれでも少しは落ち着いてきたようですが。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年12月 4日(火)23時30分27秒
  メジロはミカンが好きなのです。半分の輪切りにしてあげてください。時々、鶯やシジュウカラ・コガラ・ルリビタキの雌も来ます。一度ですが、きれいな青いルリビタキの雄や尾長が来たこともあります。「
我が家の10倍近くありそうな庭なんですね、うらやましい、雪景色も。神奈川でも比較的冬暖かく夏は涼しい土地ですので、変化に乏しく雪景色もほとんど見られません。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年12月 3日(月)23時37分26秒
  ミカンもですか?
わあ~知らなかった♪
聞けて良かったです♪
80坪の長い図形の庭で、木の種類も、それぞれ違います。
小鳥用の餌と、向日葵、ミカン、林檎で楽しんでみます♪
隠れるために、葉の有る木に寄り添い固まりますね*
凄い昔、オオアカゲラが来たこと有ります。
間違って来たのかな…(苦笑)
あれ以来きません(笑)
ゴジュウガラ、ヤマガラが、今年初めて来てくれて浮きっとしました♪
今春に、小鳥の小屋を外しましたの。
古く成ったら病気にさせてしまうから。
また、作って掛けます…子育てを見たい♪

積雪は、あっと言う間に山に成りました。

芝さんも居るんですね♪
楽しいご自宅じゃ~あありませんか~♪
実は我が家もワン太郎が(笑)

癒されてます(笑)
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年12月 1日(土)18時04分3秒
  ネコネコネコ3匹の仔猫ちゃん(*^.^*)

雪は、毎日降ってます。
枯れ木に、林檎を沢山生らして(笑)来ました。
ヒヨドリが、来るように成ったから。
下では、雀が跳ねたり転がったり啄んだり…楽しい光景♪
猛吹雪に成ると、一瞬にして世界が変わる…

人にも、山のイキモノにも、厳しい季節…

明日晴れたらまたおいで…
 
    (晶) 我が家の庭にも、ヒヨドリ・メジロ・ヤマガラ・スズメなどがやってきます。リンゴやミカンを庭木にさしておくと、やはりまずヒヨドリが、その隙を狙うようにメジロなど小さい鳥たちもやってきます。
庭には柴犬がいますので、野良ネコに襲われる心配もなく、小鳥たちはやってきてくれるようです。小鳥たちもとってもかわいいです。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年11月23日(金)22時33分20秒
  風邪を引いてました。
まだ本調子では有りませんが。
初雪が降ってから、今の処そのまま白い世界です。

ツリーを飾りました。
朝から寝るまでの間、ずっとイルミネーション点けてます。


3匹の仔猫ちゃんは元気ですか?
 
    (晶) なんとまあ、私も同じで、1週間ほど前に引いた風邪がまだ治りきってはいない感じです。
子猫たちは、元気いっぱい、遊びまくっています。もうめちゃくちゃかわいいのなんの。
 

生きている

 投稿者:  投稿日:2012年11月14日(水)22時48分46秒
編集済
  私の五感は
雨空の上の快晴を
青空の上の星空を
地球の丸いのを
知らない

今この手のひらの上の
無数の細菌を
分子や原子の数
その位置や動きの無限を
感知しない

明日も昨日もない
今だけが在る

歓びも痛みも
この五感で
感じるすべてが
生きている
私の現実

私の愛する
濃密な現実




 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年11月13日(火)22時20分8秒
  思い込み…

わたしは多分その中で生きてる気がした

感じる全てが私には現実

いつだったか
有名絵画を観たとき

いつだったか
土を捏ねて創作に向かったとき

ああ私は芸術家には成れないな…と漠然と思った

そんなことを思ったあの時を思い出した…

 
    (晶) よく 見 聞き し、考え、
五感を極めることにしか、
その果てにたどり着くすべはないかも。

「見えるものは 見えないものに 触っている。
 聞こえるものは 聞こえないものに 触っている。
 考えられるものは 考えられないものに 触っている。」ノヴァーリスの言葉です。

 

ファンタジー

 投稿者:  投稿日:2012年11月12日(月)10時54分53秒
編集済
  昔の人にとって
地球が丸いのも
重い雨空の上が快晴なのも
青空の上が永遠の星空なのも
ファンタジーであったはず

生まれながら目の見えない人にとって 色彩の世界も
酸の濃度にしか反応しない微生物にとって 光の世界も 音の世界も
ミツバチにとっての紫外線の世界も 人間には
ヘビにとっての赤外線の世界も 人間には
ファンタジー

全電磁波領域のごくわずかな部分を
色光としてしか感知できない人間には
星空が奏でる 大宇宙交響楽の大部分が 認識できない

大地が平板なのも 天動説も
身分制社会も 五感がもたらす世界も
暗い雨天や絶望が永遠に続くと考えるのも
お金や国境や宗教や戦争や…
それらがゆるぎない現実と
思い込んでしまうのも
ファンタジー

それらは実はファンタジー
それらはみんなファンタジー



大切なのは
呪縛されてしまわないこと
一つのファンタジーだけに

「現実」という 人間の思い込み
にすぎないファンタジーに



大切なのは
選択していくこと

自分が望む
明日に向かって



大切なのは
自分を知ること

そのファンタジーが
ほんとうの願いか




 ああどうか
 すべてのものの幸いにつながる
 願いでありますように



 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年11月11日(日)12時24分2秒
  ファンタジーを、描ける方は素敵ですね♪
現実的な私には、持てない部分の世界ですよ。素敵を表現出きる方の世界は、どんな経験から生まれるのでしょう…素敵です。


 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年11月10日(土)00時42分30秒
  5匹の猫


今年 春
最後の5匹目の猫が逝った

与えられるばかりだったな…
いつも後悔が胸に止まる…

後悔は慈しんだ証…
とても大切だった証…

もっともっと愛したかった証…別れたくない証…


眠る顔にも癒されますよね。
何をしても可愛くて与えられますよね♪
私の5匹は捨てられた子ばかりでした。
成描ばかりの中で4番目に拾った子が唯一生後1ヶ月弱でした。
この子が春に亡くなりました。広夢くん…平成8年の冬に捨てられて居ました。
みんなが懐かしい私です。
 
    (晶) 「二人の人間が死ぬと、一匹の猫が生まれる。だから、猫の目は時々、左右 色が違う。」という主題で、
ファンタジーを書いたことがあります。自信作でした。

猫は、死ぬと何に生まれ変わったりするのだろう?
薔薇かな? なんて思ったりもします。

星の王子様は、薔薇の愛を抱き損ねてしまったんでしたよね…
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年11月 9日(金)19時17分39秒
編集済
   薔薇で埋め尽くされているのは、数日で逝ってしまったしまったスーちゃんの柩です。
 扉は開かない画像です。花の間にかすかにスーの顔と身体の1部が見えます。

 子猫たちには、退屈も孤独もないようです。
 今、仲良くぐっすりと寝ています。

 うまく撮れていない写真ですが…
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年11月 9日(金)17時50分2秒
  会わせてくれて有り難う。

薔薇の花扉の画像…子猫が開かないのですが…

秋の夜長でも、この子達がいてくれたら退屈も孤独めく刻も忘れてしまう。
 

3匹の子猫たちと今は亡き2匹の猫

 投稿者:  投稿日:2012年11月 9日(金)11時04分43秒
編集済
  仲の良い3匹の子猫と
今は亡き2匹の猫の写真です。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年11月 6日(火)21時34分16秒
  コロコロ3匹

今日も私の中で遊んでる


名前も付けられて

幸せ時間

ここにも感じる幸せ時間…
 
    (晶) 返詩を約束しているような掲示板なのに、立場が逆転したように、うれしい詩をありがとうございました。
猫たちの名前は、ルカ、カイ、クウです。
3匹で遊んでばかりいます。疲れたら仲良く寝て、起きたらおなかいっぱい食べて、トイレして、また一日中遊んでばかり。
幸せそのものの時間を生き続けられるのですね、猫たちったら…
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年11月 1日(木)00時27分4秒
  柿を頂く事が増えました。

食卓の果物籠に山盛り。

以前は栗も沢山頂けたのに
その人は高い何処かの空の星に成ってる。

今年も花を届けていつかその星みつける。

一番明るい星とは限らない。
意表を付くのが好きだったから思いもしない星に成ってるんだろう。

月に話しかけに行ったり
窓から除いてたりは日常茶飯事なんだろう。

いつかを待って居るんだろう

再会の同じ気持ちで…
 
    (晶) 2匹の子猫をいただいたら、別のところからも1匹子猫が贈られてきて、昨日から3匹の子猫が仲良く遊んでいるのを見ると見飽きなく幸せな時間が過ぎていきます。
そのうちの1匹は間違いなく生まれ変わって戻ってきてくれたのだろうと思える猫なのです。他の猫たちも同じように愛する人たち誰かの生まれ変わりなのだろうと思えます。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年10月28日(日)20時30分52秒
  暖かい温もりがあれば
人も動物も生きられますよね。

そんな場所を与えられたり与えたり…


助けられたり助けたり…


信じられたり信じたり…


そうですね。

沁みました…
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年10月27日(土)23時49分21秒
  秋 冬に向けて、今日は買い物に出掛けました。
今日の晴れを逃すと、また雨が続くので、みなさんも同じ考えなのか、何処の店内も混んでいました。

みんなに同じ冬が来る
それぞれの冬が来る

そんな思いで、見渡しました。
人を感じた今日でした。
 
    (晶) 15年近く買っていた猫が死に、2か月ほどたって、捨て猫だったそうですが、生まれたてのなんともかわいい子猫を譲っていただいたのに、哺乳瓶からの誤飲で4日で死なせてしまい、ダブルショックでした。
こころの管理は本当に大変です。何とか頑張っていたら、その子猫の姉妹猫を2匹ゆずっていただけるめどが付き、明るい見通しもできました。どんな冬であっても室内だけは暖かくしておくつもりです。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年10月23日(火)21時50分20秒
  庭の木は
真ん中から秋が始まった


遠くの林は
上の方から


風の通り道が判るようだ


明日吹く風は
何処から飛んで来るのだろう


あなたに触れた風は
何処に飛んで行くだろう…


 
    (晶) わあ、いい詩ですねえ。
こころなのか身体なのか、なんだか ふうんわりとして、すごくいい気持ちになります。
生きてるといろんなことがありますが、その中でも一番気持ちのいい時間を何度でも掘り起こして言葉にとどめておけば、いつでもそこに帰っていけるし、そこにいる自分こそ本当の自分だとも思えるんですよね。
私が詩を書くのも、たぶんいつもそんな動機からです。

ありがとうございました。
 

秋の想い

 投稿者:  投稿日:2012年10月19日(金)13時25分23秒
     .

あんなに熱かった恋

夏が遠ざかっていく足音



冬の気配がしみ込んでくる

ながい悲しみが



 澄みきった水と空に
 天使たちは舞う
 蜉蝣のように




やさしい風と
空間のすべてを染めた夕焼けの記憶

 冷たく深い闇の淵に
 この生命が沈んでいく夜が来ても

  私の生のすべてを
  私は肯定していくだろう
  この二つの記憶ゆえ
  だけでも・・・



.

 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年10月18日(木)20時04分41秒
  【悲しい嘘】


子供を亡くした話をした彼女の目は 確かに濡れて居た


そんな悲しみを語る声は 確かに震えて居た


死んだはずの子供が 最近結婚したと 噂で聞いた…


義父の命が危ない そう話した彼女の表情は 必死だった


駆け付けなければいけない そう言って急いだ彼女の場所は レストラン


鏡の中の 自分の顔を 彼女はどう見るのだろう…
 
    (晶) 冬が近づいてくる気配さえ感じられ、何かとさみしく感じられもする季節なのですが、寒暖の差が激しくなった来ましたね。
風邪等召されませんようくれぐれもご自愛くださり、ゆったりとお過ごしいただきますように。
 

私という温度

 投稿者:  投稿日:2012年10月 7日(日)19時50分37秒
編集済
     .

かぎりない生命を産み育てている海

かぎりない生命を死なせている海



わたし?
どちらの海を信じている方が
わたしなのか?



どうやら


100でもなく

0でもなく

36.5あたりでぼんやり

まどろんでいる

それがわたしらしい




 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年10月 6日(土)14時54分9秒
  季節変わりに、つい寂しさ感じ、気持ちが項垂れ始めて居ました。

「高い空を楽しむ鳥たち」
深呼吸したように、からだに息が入り込みました。
暫しの元気に、からだを委ねます。
 
    (晶) 雀さんのおかげで、少し創作の泉にうるおいの水が滲み出してきたように思えます。
ありがとうございます。
 

 投稿者:  投稿日:2012年10月 2日(火)22時50分22秒
  .


秋の涼風があなたの
瞼や頬や耳にやさしく触れてゆく


 私を淋しく凍らせたり
 すべてを破壊して荒れ狂った
 風が…



ああ あんなに高く 鳥が飛んでいる

空の青さを楽しんでいる

風に支えられて




.
 
    (晶) 10月と鳥をテーマに、久しぶりの新作です。拙い作でごめんなさい、雀さんへの返詩です。  

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年10月 1日(月)17時54分44秒
  10月に成りました

訪れてくれる友の数が
めっきり減るのを感じます

遠方のメールが私の存在を証します

庭に来る雀の群れに
1羽だけ種別の小鳥…
良かったね
寂しく無いね…
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年 9月20日(木)14時30分50秒
  ここにメンテナンスが入り、それ以降 何ヵ月もメンテナンス画面のまま。
諦めた私は、ブックマークから削除することを決めた。
開いても開いても、メンテナンス画面が、辛くて。
最近、サービス停止になる掲示板の知らせから、みなさん他の掲示板を探し始め、その新しい掲示板を開いた時に、投稿者欄に雀の文字!
このサイトに詩の部屋がある!諦めたつもりでも先月も探した詩の部屋。

こんなことも有るんだ。

呟きしか書けないけれど、また書かせてください。
 
    (晶) 雀さん、お久しぶりです。創作意欲が急速に失われていく傾向にあったのですが、3.11がとどめのように効いて、ほとんど何も書けないままでいるのですが、ご投稿は本当にうれしいです。ぜひ私物化してどんどんつぶやいていってください。ごめんなさい、今日も久しぶりに開いて実は驚いたのですが、私のほうの反応は鈍いかもしれませんが、必ず読んでいますので。
ところで、メンテナンスの部分については、まるで心当たりがありません。管理者が投稿しないでほっておくのが長引くと、そうなるのでしょうか、6月に投稿したのがよかったのかな? とにかくご心配かけてすみません、以後こうならないよう、少しは投稿するようにします。
 

やっと再会

 投稿者:  投稿日:2012年 9月20日(木)09時08分44秒
  (*^^*)  

再稼働反対に20万人

 投稿者:Guy=11V  投稿日:2012年 6月30日(土)15時48分12秒
  (へんだな、なんだかミシミシするぞ。地震かな)
3/11で乏しい詩才はふっとんだ
ちぇるのぶいり後に、貧乏なのに40万をつぎ込んで東電株主になって
脱原発株主運動に参加して、危惧表明し続けていたことが、
現実になってしまったことの驚きと無力感
つぎ込んだカンパの総額も株価もふっとんで、
半減するのに24000年かかる放射能に汚染された、荒涼たる山河あり
山は死にますか? 海は死にますか? いえいえ死んだのはお前の脳みそ、
なんて腐ってる場合ではないんだけど
(ミシミシするなあ。梅雨時だものなぁ)
貧乏なのに借金までして、太陽光発電にして、クーラーも扇風機にしたし、照明はLEDに変えました。日本人みんな節電に協力する気、充分だったじゃない!!
ひどいよ、どうしてくれる、

6/29に20万人だよ。日本のマスコミ死んでます。
ネットウヨご愛用ニュースのMsnもYhooも30日になっても一報もなし。
流してるのは、反原発で矢面に立っている山本太郎の姉の大麻所持逮捕ニュースばかり。
腐敗しきってる証拠をさらけ出して平然たるは、産経・読売が発信源ゆえ。
こんな傀儡新聞に金出して買ってる人がゴマンといるのが、
米国の奴隷になってお上を生き延びさせた皇国だ。
日本の権力者・政治家・裁判官・有名人は全員CIAに弱みを握られてます。
政権の長命度はそのまま米国への隷属度と吐き捨てた元外交官もいるそうだけど
「駐日米軍いらない、第7艦隊で充分。日中友好は平和と繁栄の礎」なんて言っちゃって
「脱原発」なんて言っちゃって、オザワもカンもおしまいだ。軍備と原発輸出は、あの国のクイブチだよ。
(あらら、どうしたことだ、ますますミシミシしてきた。逃げ時かな)

東電利益、家庭から9割。つまり金払って原発推進支えてたのよ、アナタ。
2010年度の最大需要は約1億8千kW。ところが今、原発0でも最大供給力は、2億3千万kW。それなのになぜ原発再稼働
吸い込むと1gで約50万人を肺ガンにできる史上最悪の超猛毒のプルトニウムを、半減するのに24000年もかかる核のゴミを、処理も保存も見通しの立たないまま、未来の子供たちに背負わせるなんて、大人のすることかい?
体をぼろぼろにしている原発労働者たちよ、原発は、今も未来にも、犠牲のシステムです。
○○町の町議たちよ、核に関する無知と容認は、犯罪です。
地球を汚染したのは、日本人の恥です。
脱原発都民投票34万、自公の都議は全員反対。賛成は民主の30/49と、生活者ネットと共産党だけ。82対41で否決だそうです。
 (あらま、あなたのほうはムシムシするのですか。カビははえてませんか。)

というわけで、6/29「緊急!大飯原発再稼動決定を撤回せよ!首相官邸前抗議集会」
参加してきました。駅降りたら、もう人が多すぎて身動きできない。でもそこは賢く、遠い出口を狙って遠回りしたので大丈夫。ものすごい人出だ。若い人や女性が多くて、驚き。
赤ちゃんや子供連れの若いお母さんもいるし、制服姿の女子高生までいるではないか!!ラップ風の若者や、日の丸振って再稼働反対を叫んでる入れ墨右翼までいるじゃない(日本の恥が許せないあんたの感情に、自称左翼が心からエールを送ろう)。坊さんたちもいるし、ラッパもタイコもすごいけど、みんなが連呼する「再稼働反対」の声がとにかくものすごい。手作りのプラカードの数もすごくて、アイパッドでのアピールも目立ち、手ぶらなのが恥ずかしいぐらい。白熱する20万人のパワーは、涙が出るほど圧倒的でございました。

あ~あ、とうとう完全にミシ未詩の山になってしまったみたいだぞ。
才能不足の自称詩人の、力はこんなものだとご寛恕下さり、注目度の高い有能な詩人の皆さん、おねがいです、どうかこぞってこのテーマで力を発揮してください。私めは明日も、非力な一個人として、声をからしに行ってまいります。

(くされマスコミめ、オザワ新党、支持率15%が低い? 自民党20%、民主党17%なのに。)




http://8155.teacup.com/kurage/bbs

 

ひきしお

 投稿者:  投稿日:2012年 6月16日(土)22時58分44秒
 


陰りある微笑みの調べに
すべてをさらってゆく
引き潮

別れの日を思わずには
愛せなかった人の
去ってゆく音階



 背後から近づく
 やさしい足音も

 広がる白砂に寝転んで
 薄い耳に透けた陽のまばゆさも

 しなやかにからみつく
 腕(かいな)のつめたさも

 温かいティラミスのような
 潤んだ一瞬の感触も

 残さずに


  あてどない海鳥への視線


 深紅の薔薇を
 降りしきらせた
 夜毎の訪れも

 春のあけぼのの
 かすかに甘い
 寝息も

 香り立つ
 二つの珈琲の
 白磁の幸せも

 残ってはいない



 小さな公園の
 ベンチにも
 風に揺れる
 ブランコにも



  曇り空のけだるげなしぐさ

  聞きとれなかったつぶやき

  通り雨に隠された涙






 かげりの消えない
 ほほえみと

 あなたの不在
 だけが残され







                                     .




 
    (晶)  相変わらずいっこうに元気が出ません。
 2年ほど前の作品の改訂版です。3/11の津波のイメージと共鳴してしまった部分もあるのかもしれませんが、今の心境に一番近い詩なのだろうと思います。原発をめぐる政治状況にも、ここで怒らなくてどうすると理性は囁きますが、脱力感と厭世感が先立つばかりで、どうにも情けない。ひたすら仕事の多忙状況に逃げるように生きています。

以下、6/30追記
「2012年6.29緊急!大飯原発再稼動決定を撤回せよ!首相官邸前集会」に、18:00~21:00、参加してきました。皆さんと声をそろえて「再稼働反対」を200回以上は連呼してきたと思います。若い人や女性が目立つ珍しい光景でしたが、赤ん坊を抱いたお母さんも何人も見ました。制服姿の女子高生もいました。20万人集まったとか、感動で胸が詰まりました。7月1日の新宿でのデモにも参加してみることにしました。
http://8155.teacup.com/kurage/bbs
 

レンタル掲示板
/3